11.8.2. 管理インターフェースの詳細設定の概要

EAP_HOME/domain/configuration/host.xml または EAP_HOME/standalone/configuration/standalone.xml の管理インターフェース設定は、ホストコントローラープロセスのバインド先となるネットワークインターフェース、利用可能な管理インターフェースのタイプ、および各インターフェースのユーザーを認証するために使用される認証システムのタイプを制御します。本トピックでは、ご使用の環境に合わせて管理インターフェースを設定する方法について説明します。
管理サブシステムは、以下の 4 つの設定可能な子要素が含まれる <management> 要素で構成されます。セキュリティレルムと送信接続はそれぞれ最初に定義されてから、管理インターフェースに属性として適用されます。
  • <security-realms>
  • <outbound-connections>
  • <management-interfaces>
  • <audit-log>

注記

監査ロギングの詳細は、『管理および設定ガイド』の「管理インターフェース監査ロギング」の項を参照してください。
セキュリティーレルム

セキュリティーレルムは、管理 API、管理 CLI、または Web ベースの管理コンソールを介して JBoss EAP 6 の管理を許可されているユーザーの認証と承認を行います。

デフォルトのインストールに含まれる 2 つの異なるファイルベースのセキュリティーレルムは ManagementRealmApplicationRealm です。これらのセキュリティーレルムはそれぞれ -users.properties ファイルを使用してユーザーおよびハッシュ化されたパスワードを保存し、-roles.properties を使用してユーザーとロール間のマッピングを保存します。サポートは LDAP 対応のセキュリティーレルムにも含まれています。

注記

独自のアプリケーションにセキュリティーレルムを使用することも可能です。このトピックで説明するセキュリティーレルムは管理インターフェース固有のものです。
送信接続

一部のセキュリティーレルムは、LDAP サーバーなどの外部インターフェースに接続します。送信接続は、この接続の確立方法を定義します。 事前に定義された接続タイプ ldap-connection は、LDAP サーバーに接続してクレデンシャルを検証するための必須およびオプションの属性をすべて設定します。

LDAP 認証の設定方法の詳細は、「管理インターフェースに対する LDAP を使用した認証」を参照してください。
管理インターフェース

管理インターフェースには、JBoss EAP の接続および設定方法に関するプロパティーが含まれています。この情報には、名前付きのネットワークインターフェース、ポート、セキュリティーレルム、およびインターフェースに関するその他の設定可能な情報が含まれます。デフォルトのインストールには 2 つのインターフェースが含まれています。

  • http-interface は Web ベースの管理コンソールの設定です。
  • native-interface はコマンドライン管理 CLI および REST ライクな管理 API の設定です。
ホスト管理サブシステムの設定可能要素はそれぞれ相関しています。セキュリティーレルムは送信接続を参照し、管理インターフェースはセキュリティーレルムを参照します。
関連情報は 「管理インターフェースのセキュア化」 を参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。