20.7.2. 特別でない迂回

特別でない迂回により、元のメッセージのコピーが新しいアドレスに転送されます。元のメッセージは引き続き古いメッセージに届きます。特別でない迂回は、standalone.xml および domain.xml サーバー設定ファイルで exclusive プロパティーを false に設定することにより有効にできます。
以下の例は、特別でない迂回を示しています。
<divert name="order-divert">
  <address>jms.queue.orders</address>
  <forwarding-address>jms.topic.spyTopic</forwarding-address>
  <exclusive>false</exclusive>
</divert>
上記の例では、jms.queue.orders アドレスに送信される各メッセージのコピーが作成され、jms.topic.spyTopic アドレスに送信されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。