1.2. JBoss EAP 6 の機能

表1.1 JBoss EAP 6.3.0 の機能

機能説明
Java 証明書認定された Java Enterprise Edition 6 の Full Profile と Web Profile。
管理対象ドメイン
  • 複数のサーバーインスタンスおよび物理ホストを一元管理し、スタンドアロンサーバーで単一のサーバーインスタンスを使用することを可能にします。
  • 設定、デプロイメント、ソケットバインディング、モジュール、拡張機能、およびシステムプロパティーをサーバーグループごとに管理します。
  • アプリケーションのセキュリティー (セキュリティードメインを含む) の管理を一元化および簡略化します。
管理コンソールおよび管理 CLI新しいドメインまたはスタンドアロンサーバー管理インターフェース。XML 設定ファイルの編集は必要なくなりました。管理 CLI には、管理タスクをスクリプト化および自動化できるバッチモードも含まれます。
簡素化されたディレクトリーのレイアウトmodules ディレクトリーにはすべてのアプリケーションサーバーモジュールが含まれるようになりました。共通でサーバー固有の lib ディレクトリーは廃止されました。domain ディレクトリーと standalone ディレクトリーには、それぞれドメインデプロイメント用のアーティファクトおよび設定ファイルと、スタンドアロンデプロイメント用のアーティファクトおよび設定ファイルが含まれます。
モジュラークラスローディングメカニズムモジュールはオンデマンドでロードおよびアンロードされます。これにより、パフォーマンスが向上し、セキュリティーの利点が提供され、起動および再起動の時間が短縮されます。
簡略化されたデータソース管理データベースドライバーは他のサービスと同様にデプロイされます。また、データソースは、管理コンソールまたは管理 CLI で直接作成および管理されます。
リソースの使用の削減と効率化JBoss EAP 6 はより少ないシステムリソースを使用し、以前のバージョンよりも効率的に使用します。その他の利点として、JBoss EAP 6 では JBoss EAP 5 よりも起動および停止時間が短縮されます。