6.3.2. 管理インターフェースによる非 XA データソースの編集

概要

ここでは、管理コンソールまたは管理 CLI のいずれかを使用して非 XA データソースを編集する手順について取り上げます。

注記

非 XA データソースは JTA トランザクションと統合できます。データソースを JTA と統合する場合、必ず jta パラメーターを true に設定してください。

手順6.5 非 XA データソースの編集

    • 管理 CLI

      1. write-attribute コマンドを使用してデータソース属性を設定します。
        /subsystem=datasources/data-source=DATASOURCE_NAME:write-attribute(name=ATTRIBUTE_NAME,value=ATTRIBUTE_VALUE)
      2. サーバーを再ロードして変更を確認します。
        :reload
    • 管理コンソール

      1. 管理コンソールの Datasources パネルに移動します。

        1. コンソールの上部から Configuration タブを選択します。
        2. ドメインモードの場合は、左上のドロップダウンボックスからプロファイルを選択します。
        3. コンソールの左側にある Subsystems メニューを展開し、Connector メニューを展開します。
        4. 展開されたメニューから Datasources を選択します。
      2. データソースを編集します。

        1. Available Datasources リストからデータソースを選択します。データソース属性は下に表示されます。
        2. Edit をクリックし、データソース属性を編集します。
        3. Save をクリックして終了します。
結果

非 XA データソースが設定されます。変更は standalone.xml または domain.xml ファイルのどちらかと、管理インターフェースで確認できます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。