1.10. JBoss EAP 6 プロファイル

以前のバージョンの JBoss EAP で使用されたプロファイルのコンセプトは使用されないようになりました。JBoss EAP 6 では、設定に関するすべての情報を保持する少数の設定ファイルが使用されるようになりました。
モジュールとドライバーは必要に応じてロードされるようになりました。そのため、サーバーを効率的に起動するために以前のバージョンの JBoss EAP 6 で使用されたデフォルトプロファイルの概念は適用されません。
デプロイメント時に、サーバーまたはドメインコントローラーによってモジュールの依存性が決定、順番付け、および解決され、正しい順番でロードされます。モジュールはデプロイメントで必要がなくなったときにアンロードされます。
設定からサブシステムを削除すると、手作業でモジュールを無効にしたり、ドライバーまたは他のサービスをアンロードしたりできますが、ほとんどの場合でこの作業は必要ありません。モジュールを使用するアプリケーションがない場合、モジュールはロードされません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。