6.2.2. コアモジュールとしての JDBC ドライバーのインストール

前提条件

このタスクを実行する前に、以下の前提条件を満たしている必要があります。

手順6.2 コアモジュールとしての JDBC ドライバーのインストール

  1. EAP_HOME/modules/ ディレクトリー下にファイルパス構造を作成します。たとえば、MySQL JDBC ドライバーの場合には、EAP_HOME/modules/com/mysql/main/ のようなディレクトリー構造を作成します。
  2. JDBC ドライバー JAR を main/ サブディレクトリーにコピーします。
  3. main/ サブディレクトリーで、「モジュール」 の例に似た module.xml ファイルを作成します。module XSD は EAP_HOME/docs/schema/module-1_2.xsd ファイルに定義されます。
  4. サーバーを起動します。
  5. 管理 CLI を起動します。
  6. CLI コマンドを実行して JDBC ドライバーモジュールをサーバー設定に追加します。
    選択するコマンドは、JDBC ドライバー JAR にある /META-INF/services/java.sql.Driver ファイルにリストされたクラスの数によって異なります。たとえば、MySQL 5.1.20 JDBC JAR 内の /META-INF/services/java.sql.Driver ファイルは以下の 2 つのクラスをリストします。
    • com.mysql.jdbc.Driver
    • com.mysql.fabric.jdbc.FabricMySQLDriver
    複数のエントリーがある場合は、ドライバークラスの名前も指定する必要があります。これを行わないと、以下のようなエラーが発生します。
    JBAS014749: Operation handler failed: Service jboss.jdbc-driver.mysql is already registered
    • 1 つのクラスエントリーを含む JDBC JAR に対して CLI コマンドを実行します。
      /subsystem=datasources/jdbc-driver=DRIVER_NAME:add(driver-name=DRIVER_NAME,driver-module-name=MODULE_NAME,driver-xa-datasource-class-name=XA_DATASOURCE_CLASS_NAME)

      例6.1 1 つのドライバークラスを持つ JDBC JAR に対するスタンドアロンモードの CLI コマンドの例

      /subsystem=datasources/jdbc-driver=mysql:add(driver-name=mysql,driver-module-name=com.mysql,driver-xa-datasource-class-name=com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.MysqlXADataSource)

      例6.2 1 つのドライバークラスを持つ JDBC JAR に対するドメインモードの CLI コマンドの例

      /profile=ha/subsystem=datasources/jdbc-driver=mysql:add(driver-name=mysql,driver-module-name=com.mysql,driver-xa-datasource-class-name=com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.MysqlXADataSource)
    • 複数のクラスエントリーを含む JDBC JAR に対して CLI コマンドを実行します。
      /subsystem=datasources/jdbc-driver=DRIVER_NAME:add(driver-name=DRIVER_NAME,driver-module-name=MODULE_NAME,driver-xa-datasource-class-name=XA_DATASOURCE_CLASS_NAME, driver-class-name=DRIVER_CLASS_NAME)

      例6.3 複数のドライバークラスエントリーを持つ JDBC JAR に対するスタンドアロンモードの CLI コマンドの例

      /subsystem=datasources/jdbc-driver=mysql:add(driver-name=mysql,driver-module-name=com.mysql,driver-xa-datasource-class-name=com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.MysqlXADataSource, driver-class-name=com.mysql.jdbc.Driver)

      例6.4 複数のドライバークラスエントリーを持つ JDBC JAR に対するドメインモードの CLI コマンドの例

      /profile=ha/subsystem=datasources/jdbc-driver=mysql:add(driver-name=mysql,driver-module-name=com.mysql,driver-xa-datasource-class-name=com.mysql.jdbc.jdbc2.optional.MysqlXADataSource, driver-class-name=com.mysql.jdbc.Driver)
結果

JDBC ドライバーがインストールされ、コアモジュールとして設定されます。アプリケーションのデータソースが JDBC ドライバーを参照できる状態になります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。