1.8. ホストコントローラー

ホストコントローラーは、domain.sh または domain.bat スクリプトがホスト上で実行されると起動します。
ホストコントローラーの主な役割はサーバーを管理することです。ドメイン管理タスクを委譲し、ホスト上で実行される個別のアプリケーションサーバープロセスを開始および停止します。
ホストコントローラーはドメインコントローラーと対話し、サーバーとドメインコントローラー間の通信を管理できるようにします。ドメインの複数のホストコントローラーは 1 つのドメインコントローラーのみと対話できます。そのため、単一のドメインモード上で実行されるホストコントローラーおよびサーバーインスタンスはすべて単一のドメインコントローラーを持ち、同じドメインに属する必要があります。
デフォルトでは、各ホストコントローラーは domain/configuration/host.xml ファイルから設定を読み取ります。このファイルは、ホストのファイルシステム上にある未展開の JBoss EAP 6 インストールファイルに存在します。host.xml ファイルには、特定のホストに固有する以下の設定情報が含まれています。
  • このインストールから実行される JBoss EAP 6 インスタンスの名前。
  • 次の設定のいずれか。
    • ホストコントローラーがドメインコントローラーへ通知して、ホストコントローラー自体を登録し、ドメイン設定へアクセスする方法。
    • リモートドメインコントローラーの検索および通知方法。
    • ホストコントローラーはドメインコントローラーとして動作する。
  • ローカルの物理インストールに固有する設定。たとえば、domain.xml に宣言された名前付きインターフェースの定義は host.xml にある実際のマシン固有の IP アドレスへマップできます。さらに、domain.xml の抽象パス名を host.xml のファイルシステムパスへマップできます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。