14.5.5. ロギングプロファイル設定の例

この例は、ロギングプロファイルの設定とそれを使用するアプリケーションを表しています。CLI セッション、生成された XML 設定、およびアプリケーションの MANIFEST.MF ファイルを示します。
ロギングプロファイルの例には以下が指定されています。
  • 名前は accounts-app-profile です。
  • ログカテゴリーは com.company.accounts.ejbs です。
  • ログレベルは TRACE です。
  • ログハンドラーはファイル ejb-trace.log を使用するファイルハンドラーです。

例14.60 CLI セッション

localhost:bin user$ ./jboss-cli.sh -c
[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logging-profile=accounts-app-profile:add
{"outcome" => "success"}

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logging-profile=accounts-app-profile/file-handler=ejb-trace-file:add(file={path=>"ejb-trace.log", "relative-to"=>"jboss.server.log.dir"})
{"outcome" => "success"}

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logging-profile=accounts-app-profile/file-handler=ejb-trace-file:write-attribute(name="level", value="DEBUG")
{"outcome" => "success"}

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logging-profile=accounts-app-profile/logger=com.company.accounts.ejbs:add(level=TRACE)
{"outcome" => "success"}

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logging-profile=accounts-app-profile/logger=com.company.accounts.ejbs:add-handler(name="ejb-trace-file")
{"outcome" => "success"}

[standalone@localhost:9999 /]

例14.61 XML 設定

<logging-profiles>
   <logging-profile name="accounts-app-profile">
      <file-handler name="ejb-trace-file">
         <level name="DEBUG"/>
         <file relative-to="jboss.server.log.dir" path="ejb-trace.log"/>
      </file-handler>
      <logger category="com.company.accounts.ejbs">
         <level name="TRACE"/>
         <handlers>
            <handler name="ejb-trace-file"/>
         </handlers>
      </logger>
   </logging-profile>
</logging-profiles>

例14.62 アプリケーションの MANIFEST.MF ファイル

Manifest-Version: 1.0
Logging-Profile: accounts-app-profile