1.6. ドメインコントローラー

ドメインコントローラーは、ドメインの集中管理点として動作する JBoss EAP 6 サーバーインスタンスです。1 つのホストコントローラーインスタンスがドメインコントローラーとして動作するよう設定されます。
ドメインコントローラーの主な役割は次のとおりです。
  • ドメインの集中管理ポリシーを維持する。
  • すべてのホストコントローラーが現在のコンテンツを認識するようにする。
  • 実行中のすべての JBoss EAP 6 インスタンスがこのポリシーに従って設定されるよう、ホストコントローラーをサポートする。
デフォルトでは、集中管理ポリシーは domain/configuration/domain.xml ファイルに格納されます。このファイルは、ドメインコントローラーのホストのファイルシステム上にある未展開の JBoss EAP 6 インストールファイル内にあります。
domain.xml ファイルは、ドメインコントローラーとして実行するよう設定されたホストコントローラーの domain/configuration/ ディレクトリーに存在する必要があります。このファイルは、ドメインコントローラーとして実行しないホストコントローラー上のインストールには必要ありませんが、このようなサーバー上に domain.xml ファイルがあっても問題はありません。
domain.xml ファイルには、あるドメインのサーバーインスタンス上で実行できるプロファイル設定が含まれています。プロファイル設定には、プロファイルを構成するさまざまなサブシステムの詳細設定が含まれます。また、ドメイン設定にはソケットのグループの定義やサーバーグループの定義も含まれます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。