11.8.7. JMX サブシステムへのリモートアクセスの無効化

JMX サブシステムにリモートアクセスすると、JDK およびアプリケーション管理操作をリモートでトリガーすることができます。インストールをセキュア化するには、リモーティングコネクターまたは JMX サブシステムを削除してこの機能を無効化します。例の管理 CLI コマンドは管理対象ドメインを対象としています。スタンドアロンサーバーの場合はコマンドから /profile=default 接頭辞を削除してください。

注記

管理対象ドメインでは、リモート処理コネクターはデフォルトで JMX サブシステムから削除されています。以下のコマンドは、開発中にリモート処理コネクターを追加した場合に備えて、参考のために記載します。

例11.16 JMX サブシステムからのリモートコネクターの削除

/profile=default/subsystem=jmx/remoting-connector=jmx/:remove

例11.17 JMX サブシステムの削除

管理対象ドメインの場合は、各プロファイルに対してこのコマンドを実行します。
/profile=default/subsystem=jmx/:remove

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。