6.7.5. データソースの統計

主要統計

サポートされるデータソースの主要統計は下表のとおりです。

表6.15 主要統計

名前説明
ActiveCount
アクティブな接続の数。各接続はアプリケーションによって使用されているか、プールで使用可能な状態であるかのいずれかになります。
AvailableCount
プールの使用可能な接続の数。
AverageBlockingTime
プールの排他ロックの取得をブロックするために費やされた平均時間。値はミリ秒単位です。
AverageCreationTime
接続の作成に費やされた平均時間。値はミリ秒単位です。
CreatedCount
作成された接続の数。
DestroyedCount
破棄された接続の数。
InUseCount
現在使用中の接続の数。
MaxCreationTime
接続の作成にかかった最大時間。値はミリ秒単位です。
MaxUsedCount
使用される接続の最大数。
MaxWaitCount
同時に接続を待機する要求の最大数。
MaxWaitTime
プールの排他ロックの待機に費やされた最大時間。
TimedOut
タイムアウトした接続の数。
TotalBlockingTime
プールの排他ロックの待機に費やされた合計時間。値はミリ秒単位です。
TotalCreationTime
接続の作成に費やされた合計時間。値はミリ秒単位です。
WaitCount
接続を待機する必要がある要求の数。
JDBC の統計

サポートされるデータソースの JDBC 統計は下表のとおりです。

表6.16 JDBC の統計

名前説明
PreparedStatementCacheAccessCount
ステートメントキャッシュがアクセスされた回数。
PreparedStatementCacheAddCount
ステートメントキャッシュに追加されたステートメントの数。
PreparedStatementCacheCurrentSize
ステートメントキャッシュに現在キャッシュされた準備済みおよび呼び出し可能ステートメントの数。
PreparedStatementCacheDeleteCount
キャッシュから破棄されたステートメントの数。
PreparedStatementCacheHitCount
キャッシュからのステートメントが使用された回数。
PreparedStatementCacheMissCount
ステートメント要求がキャッシュのステートメントと一致しなかった回数。
以下のコマンドの適切に変更されたバージョンを使用すると、CoreJDBC の統計を有効にできます。
  • /subsystem=datasources/data-source=ExampleDS/statistics=pool:write-attribute(name=statistics-enabled,value=true)
    /subsystem=datasources/data-source=ExampleDS/statistics=jdbc:write-attribute(name=statistics-enabled,value=true)