20.5.3. パラメーターの設定

さまざまなパラメーターを設定して HornetQ の大きなメッセージを設定できます。
クライアント側での HornetQ Core API の使用
クライアント側で HornetQ Core API を使用している場合は、ServerLocator.setMinLargeMessageSize パラメーターを設定して大きなメッセージの最小サイズを指定する必要があります。デフォルトでは、大きなメッセージの最小サイズ (min-large-message-size) は 100KiB に設定されています。
ServerLocator locator = HornetQClient.createServerLocatorWithoutHA(new TransportConfiguration(NettyConnectorFactory.class.getName()))

locator.setMinLargeMessageSize(25 * 1024);

ClientSessionFactory factory = HornetQClient.createClientSessionFactory();
Java Messaging Service (JMS) クライアントに対するサーバーの設定
Java Messaging Service (JMS) を使用している場合は、サーバー設定ファイル (standalone.xml および domain.xml) の min-large-message-size 属性に大きなメッセージの最小サイズを指定する必要があります。デフォルトでは、大きなメッセージの最小サイズ (min-large-message-size) は 100KiB に設定されています。

注記

min-large-message-size 属性の値はバイト単位で指定する必要があります。
大きなメッセージを迅速および効率的に送信するには、大きなメッセージの圧縮を選択できます。圧縮および展開操作はすべてクライアント側で処理されます。圧縮されたメッセージのサイズが min-large-message-size 未満であった場合、通常のメッセージとしてサーバーに送信されます。Java Messaging Service (JMS) を使用する場合、サーバーロケーターまたは ConnectionFactory でブール値プロパティーである compress-large-messages を true に設定すると、大きなメッセージを圧縮できます。
<connection-factory name="ConnectionFactory">
   <connectors>
      <connector-ref connector-name="netty"/>
   </connectors>
...
   <min-large-message-size>204800</min-large-message-size>
   <compress-large-messages>true</compress-large-messages>
</connection-factory>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。