20.10.3. 複製 ID キャッシュの設定

サーバーは、各アドレスに送信された org.hornetq.core.message.impl.HDR_DUPLICATE_DETECTION_ID プロパティーの受信値のキャッシュを維持します。各アドレスは独自のアドレスキャッシュを維持します。
キャッシュのサイズは固定されています。キャッシュの最大サイズは、サーバー設定ファイル (standalone.xml および domain.xml) の id-cache-size パラメーターを使用して設定されます。このパラメーターのデフォルト値は 2000 要素です。キャッシュの最大サイズが n 要素である場合、キャッシュに保存された (n + 1) 個目の ID が 0 個目の要素を上書きします。
ディスクへの永続化を設定することもできます。これは、サーバー設定ファイル (standalone.xml および domain.xml) で persist-id-cache パラメーターを使用して設定します。この値を true に設定すると、受信時に各 ID が永久ストレージに永続化されます。このパラメーターのデフォルト値は true です。

注記

キャッシュに保存されている以前送信されたメッセージが、再送信されたメッセージによって上書きされないようにするため、複製 ID キャッシュのサイズには大きな値を設定してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。