11.3. セキュリティーサブシステムの設定

セキュリティーサブシステムの設定には、管理 CLI または Web ベースの管理コンソールを使用できます。
セキュリティーサブシステム内の各トップレベル要素には、セキュリティー設定の異なる情報が含まれています。セキュリティーサブシステムの設定例は 「セキュリティーサブシステムの構造」 を参照してください。
<security-management>
このセクションは、security サブシステムの高レベルの動作をオーバーライドします。スレッドの安全性を強化するため、セキュリティートークンへコピーまたはリンクするかどうかを指定するオプション設定 deep-copy-subject-mode が含まれます。
<security-domains>
複数のセキュリティードメインを保持するコンテナ要素です。セキュリティードメインには認証、承認、マッピング、監査モジュール、JASPI 認証、および JSSE 設定の情報が含まれることがあります。アプリケーションはセキュリティードメインを指定してセキュリティー情報を管理します。
<security-properties>
java.security.Security クラスに設定されるプロパティーの名前と値が含まれます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。