19.9.2. Oracle Solaris での NSAPI コネクターの設定

概要

NSAPI コネクターは、Oracle iPlanet Web Server 内で実行されるモジュールです。

前提条件

  • サーバーが、Intel 32 ビット、Intel 64 ビット、または SPARC64 アーキテクチャーで Oracle Solaris 10 以上を実行している必要があります。
  • NSAPI コネクターを除き、Intel アーキテクチャーでは Oracle iPlanet Web Server 7.0.15 以上のバージョン、SPARC アーキテクチャーでは 7.0.14 以上のバージョンがインストールおよび設定されている必要があります。
  • JBoss EAP 6 は、ワーカーノードとして機能する各サーバー上でインストールおよび設定されます。「外部 Web サーバーからの要求を許可するよう JBoss EAP 6 を設定」 を参照してください。
  • JBoss ネイティブコンポーネント ZIP パッケージをカスタマーサービスポータル (https://access.redhat.com) からダウンロードする必要があります。

手順19.20 NSAPI コネクターの抽出および設定

  1. JBoss ネイティブコンポーネントパッケージを抽出します。

    この手順の残りでは、ネイティブコンポーネントパッケージが EAP_HOME ディレクトリーに展開されることを前提とします。この手順の残りでは、/opt/oracle/webserver7/config/ディレクトリーは IPLANET_CONFIG と示されます。Oracle iPlanet 設定ディレクトリーが異なる場合は、適切に手順を変更してください。
  2. サーブレットマッピングを無効にします。

    IPLANET_CONFIG/default.web.xml ファイルを開き、Built In Server Mappings という見出しのセクションを見つけます。次の 3 つのサーブレットを XML コメント文字 (<!-- および -->) で囲み、これらのサーブレットへのマッピングを無効にします。
    • default
    • invoker
    • jsp
    以下の設定例は、無効にされたマッピングを示しています。
    <!-- ============== Built In Servlet Mappings =============== -->
    <!-- The servlet mappings for the built in servlets defined above. -->
    <!-- The mapping for the default servlet -->
    <!--servlet-mapping>
     <servlet-name>default</servlet-name>
     <url-pattern>/</url-pattern>
    </servlet-mapping-->
    <!-- The mapping for the invoker servlet -->
    <!--servlet-mapping>
     <servlet-name>invoker</servlet-name>
     <url-pattern>/servlet/*</url-pattern>
    </servlet-mapping-->
    <!-- The mapping for the JSP servlet -->
    <!--servlet-mapping>
     <servlet-name>jsp</servlet-name>
     <url-pattern>*.jsp</url-pattern>
    </servlet-mapping-->
    ファイルを保存し、終了します。
  3. iPlanet Web Server が NSAPI コネクターモジュールをロードするよう設定します。

    IPLANET_CONFIG/magnus.conf ファイルの最後に次の行を追加し、お使いの設定に合うようファイルパスを変更します。これらの行は、nsapi_redirector.so モジュールと、ワーカーノードとプロパティーがリストされた workers.properties ファイルの場所を定義します。
    Init fn="load-modules" funcs="jk_init,jk_service" shlib="EAP_HOME/modules/system/layers/base/native/lib/nsapi_redirector.so" shlib_flags="(global|now)"
    
    Init fn="jk_init" worker_file="IPLANET_CONFIG/connectors/workers.properties" log_level="info" log_file="IPLANET_CONFIG/connectors/nsapi.log" shm_file="IPLANET_CONFIG/connectors/tmp/jk_shm"
    上記の設定は 32 ビットアーキテクチャー向けです。64 ビット Solaris を使用している場合は、文字列 lib/nsapi_redirector.solib64/nsapi_redirector.so に変更します。
    ファイルを保存し、終了します。
  4. NSAPI コネクターを設定します。

    負荷分散のない基本設定または負荷分散設定向けに NSAPI コネクターを設定できます。以下のいずれかのオプションを選択します。その後、設定が完了します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。