23.6.2. EJB3 タイマーサービスの設定

JBoss の管理者は JBoss EAP 6 の管理コンソールに EJB3 タイマーサービスを設定できます。設定可能な機能は、スケジュールされた Bean 呼び出しに使用されるスレッドプールと、タイマーサービスデータが保存されるディレクトリーです。

手順23.19 EJB3 タイマーサービスの設定

  1. 管理コンソールにログインします。「管理コンソールへのログイン」 を参照してください。
  2. 画面上部にある Configuration タブをクリックします。Container メニューを展開し、EJB 3 を選択します。Services タブを選択し、Timer Services をクリックします。
  3. Edit をクリックします。Details のフィールドが編集可能になります。
  4. 追加のスレッドプールが設定されている場合はタイマーサービスに使用される別の EJB3 スレッドプールを選択し、タイマーサービスデータの保存に使用されるディレクトリーを変更することができます。タイマーサービスデータディレクトリーの設定は、データが保存されるディレクトリーである Path と、Path が含まれるディレクトリーである Relative To の 2 つの値で構成されます。デフォルトでは Relative To はファイルシステムの Path 変数に設定されています。
  5. Save をクリックして終了します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。