3.6.11. 管理 CLI を使用したシステムプロパティーの設定

手順3.19 管理 CLI を使用したシステムプロパティーの設定

  1. JBoss EAP サーバーを起動します。
  2. ご使用のオペレーティングシステム向けのコマンドを使用して、管理 CLI を起動します。
    Linux の場合:
    EAP_HOME/bin/jboss-cli.sh --connect
    Windows の場合:
    EAP_HOME\bin\jboss-cli.bat --connect
  3. システムプロパティーを追加します。
    使用するコマンドは、スタンドアロンサーバーと管理対象ドメインのどちらを実行しているかによって異なります。管理対象ドメインを実行している場合、ドメインで稼働しているすべてのサーバーへシステムプロパティーを追加できます。
    • 以下の構文を使用して、スタンドアロンサーバーでシステムプロパティーを追加します。
      /system-property=PROPERTY_NAME:add(value=PROPERTY_VALUE)

      例3.17 システムプロパティーをスタンドアロンサーバーへ追加

      [standalone@localhost:9999 /] /system-property=property.mybean.queue:add(value=java:/queue/MyBeanQueue)
      {"outcome" => "success"}
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのすべてのホストおよびサーバーへシステムプロパティーを追加します。
      /system-property=PROPERTY_NAME:add(value=PROPERTY_VALUE)

      例3.18 管理対象ドメインのすべてのサーバーへシステムプロパティーを追加

      [domain@localhost:9999 /] /system-property=property.mybean.queue:add(value=java:/queue/MyBeanQueue)
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => undefined,
          "server-groups" => {"main-server-group" => {"host" => {"master" => {
              "server-one" => {"response" => {"outcome" => "success"}},
              "server-two" => {"response" => {"outcome" => "success"}}
          }}}}
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのホストおよびそのサーバーインスタンスへシステムプロパティーを追加します。
      /host=master/system-property=PROPERTY_NAME:add(value=PROPERTY_VALUE)

      例3.19 システムプロパティーをドメインのホストおよびそのサーバーへ追加

      [domain@localhost:9999 /] /host=master/system-property=property.mybean.queue:add(value=java:/queue/MyBeanQueue)
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => undefined,
          "server-groups" => {"main-server-group" => {"host" => {"master" => {
              "server-one" => {"response" => {"outcome" => "success"}},
              "server-two" => {"response" => {"outcome" => "success"}}
          }}}}
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのサーバーインスタンスにシステムプロパティーを追加します。
      /host=master/server-config=server-one/system-property=PROPERTY_NAME:add(value=PROPERTY_VALUE)

      例3.20 システムプロパティーを管理対象ドメインのサーバーインスタンスへ追加

      [domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-one/system-property=property.mybean.queue:add(value=java:/queue/MyBeanQueue)
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => undefined,
          "server-groups" => {"main-server-group" => {"host" => {"master" => {"server-one" => {"response" => {"outcome" => "success"}}}}}}
      }
  4. システムプロパティーを読み取ります。
    使用するコマンドは、スタンドアロンサーバーと管理対象ドメインのどちらを実行しているかによって異なります。
    • 以下の構文を使用して、スタンドアロンサーバーからシステムプロパティーを読み取ります。
      /system-property=PROPERTY_NAME:read-resource

      例3.21 スタンドアロンサーバーからシステムプロパティーの読み取り

      [standalone@localhost:9999 /] /system-property=property.mybean.queue:read-resource
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => {"value" => "java:/queue/MyBeanQueue"}
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのすべてのホストおよびサーバーからシステムプロパティーを読み取ります。
      /system-property=PROPERTY_NAME:read-resource

      例3.22 管理対象ドメインのすべてのサーバーからシステムプロパティーを読み取り

      [domain@localhost:9999 /] /system-property=property.mybean.queue:read-resource
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => {
              "boot-time" => true,
              "value" => "java:/queue/MyBeanQueue"
          }
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのホストおよびそのサーバーインスタンスからシステムプロパティーを読み取ります。
      /host=master/system-property=PROPERTY_NAME:read-resource

      例3.23 ドメインのホストおよびそのサーバーからシステムプロパティーを読み取り

      [domain@localhost:9999 /] /host=master/system-property=property.mybean.queue:read-resource
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => {
              "boot-time" => true,
              "value" => "java:/queue/MyBeanQueue"
          }
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのサーバーインスタンスからシステムプロパティーを読み取ります。
      /host=master/server-config=server-one/system-property=PROPERTY_NAME:read-resource

      例3.24 管理対象ドメインのサーバーインスタンスからシステムプロパティーを読み取り

      [domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-one/system-property=property.mybean.queue:read-resource
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => {
              "boot-time" => true,
              "value" => "java:/queue/MyBeanQueue"
          }
      }
  5. システムプロパティーを削除します。
    使用するコマンドは、スタンドアロンサーバーと管理対象ドメインのどちらを実行しているかによって異なります。
    • 以下の構文を使用して、スタンドアロンサーバーからシステムプロパティーを削除します。
      /system-property=PROPERTY_NAME:remove

      例3.25 スタンドアロンサーバーからシステムプロパティーを削除

      [standalone@localhost:9999 /] /system-property=property.mybean.queue:remove
      {"outcome" => "success"}
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのすべてのホストおよびサーバーからシステムプロパティーを削除します。
      /system-property=PROPERTY_NAME:remove

      例3.26 ドメインのホストおよびそのサーバーからシステムプロパティーを削除

      [domain@localhost:9999 /] /system-property=property.mybean.queue:remove
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => undefined,
          "server-groups" => {"main-server-group" => {"host" => {"master" => {
              "server-one" => {"response" => {"outcome" => "success"}},
              "server-two" => {"response" => {"outcome" => "success"}}
          }}}}
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのホストおよびそのサーバーインスタンスからシステムプロパティーを削除します。
      /host=master/system-property=PROPERTY_NAME:remove

      例3.27 ドメインのホストおよびそのインスタンスからシステムプロパティーを削除

      [domain@localhost:9999 /] /host=master/system-property=property.mybean.queue:remove
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => undefined,
          "server-groups" => {"main-server-group" => {"host" => {"master" => {
              "server-one" => {"response" => {"outcome" => "success"}},
              "server-two" => {"response" => {"outcome" => "success"}}
          }}}}
      }
    • 以下の構文を使用して、管理対象ドメインのサーバーインスタンスからシステムプロパティーを削除します。
      /host=master/server-config=server-one/system-property=PROPERTY_NAME:remove

      例3.28 管理対象ドメインのサーバーからシステムプロパティーを削除

      [domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-one/system-property=property.mybean.queue:remove
      {
          "outcome" => "success",
          "result" => undefined,
          "server-groups" => {"main-server-group" => {"host" => {"master" => {"server-one" => {"response" => {"outcome" => "success"}}}}}}
      }

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。