5.2.5. ポートオフセットの設定

  • ポートオフセットの設定

    管理 CLI または管理コンソールを選択してポートオフセットを設定します。
    • 管理 CLI を使用したポートオフセットの設定

      管理 CLI を使用してポートオフセットを設定します。
      1. ポートオフセットの編集

        write-attribute 操作を使用して新しい値をポートオフセット属性に書き込みます。次の例は、server-twosocket-binding-port-offset 値を 250 に更新します。このサーバーはデフォルトローカルホストグループのメンバーです。変更を有効にするには再起動が必要となります。
        [domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-two/:write-attribute(name=socket-binding-port-offset,value=250)
      2. ポートオフセット属性の確認

        include-runtime=true パラメーターを用いて read-resource 操作を実行し、値の変更を確認します。サーバーモデルでアクティブな現在の値をすべて表示します。
        [domain@localhost:9999 /] /host=master/server-config=server-two/:read-resource(include-runtime=true)
    • 管理コンソールを使用したポートオフセットの設定

      管理コンソールを使用してポートオフセットを設定します。
      1. 管理コンソールへのログイン

        管理対象ドメインの管理コンソールにログインします。
      2. Domain タブの選択

        画面の上部にある Domain タブを選択します。
      3. ポートオフセット属性の編集

        1. Available Server Configurations リストのサーバーを選択し、属性リストの上にある Edit をクリックします。
        2. Port Offset フィールドで必要な値を入力します。
        3. Save をクリックして終了します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。