11.10.4. JBoss EAP 6 で動作可能なネットワークファイアウォールの設定

概要

ほとんどの本番環境では、ネットワークセキュリティー全体の方針の一部としてファイアウォールを使用します。複数のサーバーインスタンスがお互いに通信したり、Web サーバーやデータベースなどの外部サービスと通信したりする必要がある場合は、ファイアウォールでこれを考慮する必要があります。適切に管理されたファイアウォールでは、操作に必要なポートのみが開かれ、特定の IP アドレス、サブネット、およびネットワークプロトコルに対するポートへのアクセスが制限されます。

本書では、ファイアウォールの完全な説明は範囲外になります。

前提条件

  • 開く必要があるポートを判断します。
  • ファイアウォールソフトウェアについて理解する必要があります。この手順では、Red Hat Enterprise Linux 6 の system-config-firewall コマンドを使用します。Microsoft Windows Server には、ファイアウォールが組み込まれ、各プラットフォーム用の複数のサードパーティー製ファイアウォールソリューションが利用可能です。Microsoft Windows Server では、PowerShell を使用してファイアウォールを設定できます。
前提条件

この手順では、以下を前提として環境のファイアウォールを設定します。

  • オペレーティングシステムは Red Hat Enterprise Linux 6 です。
  • JBoss EAP 6 はホスト 10.1.1.2 で実行されます。オプションで、サーバーには独自のファイアウォールがあります。
  • ネットワークファイアウォールサーバーは、ホスト 10.1.1.1 のインターフェース eth0 で実行され、外部インターフェース eth1 を持ちます。
  • ポート 5445 (JMS で使用されるポート) のトラフィックを JBoss EAP 6 に転送します。ネットワークファイアウォールで他のトラフィックは許可されません。

手順11.33 ネットワークファイアウォールと JBoss EAP 6 が連携するための管理

  1. 管理コンソールへのログイン

    管理コンソールにログインします。デフォルトでは、http://localhost:9990/console/ で実行されます。
  2. ソケットバインディンググループが使用するソケットバインディングを決定します。

    1. 管理コンソールの上部にある Configuration ラベルをクリックします。
    2. General Configuration メニューを展開します。Socket Binding を選択します。
    3. Socket Binding Declarations 画面が表示されます。最初に、standard-sockets グループが表示されます。他のグループを選択する場合は、右側のコンボボックスから選択します。

    注記

    スタンドアロンサーバーを使用する場合は、1 つのソケットバインディンググループのみが存在します。
    ソケット名とポートのリストが表示されます (1 ページあたり 8 つの値)。テーブルの矢印ナビゲーションを使用してページを移動できます。
  3. 開く必要があるポートを判断します。

    特定ポートの機能および環境の要件によっては、一部のポートをファイアウォール上で開く必要がある場合があります。
  4. JBoss EAP 6 にトラフィックを転送するようファイアウォールを設定します。

    以下の手順を実行して、必要なポートでトラフィックを許可するようネットワークファイアウォールを設定します。
    1. root ユーザーとしてファイアウォールマシンにログインし、コマンドプロンプトにアクセスします。
    2. system-config-firewall コマンドを実行してファイアウォール設定ユーティリティーを起動します。ファイアウォールシステムにログインした方法に応じて、GUI またはコマンドラインユーティリティーが起動します。このタスクでは、SSH 経由でコマンドラインインターフェースを使用してログインしていることを前提とします。
    3. キーボードで TAB キーを使用して Customize ボタンに移動し、ENTER キーを押します。Trusted Services 画面が表示されます。
    4. どの値も変更せずに、TAB キーを使用して Forward ボタンに移動し、ENTER を押して次の画面に進みます。Other Ports 画面が表示されます。
    5. TAB キーを使用して <Add> ボタンに移動し、ENTER を押します。Port and Protocol 画面が表示されます。
    6. Port / Port Range フィールドに 5445 と入力し、TAB キーを使用して Protocol フィールドに移動し、tcp と入力します。TAB キーを使用して OK ボタンに移動し、ENTER を押します。
    7. TAB キーを使用して、Forward ボタンに移動し、Port Forwarding 画面にアクセスします。
    8. TAB キーを使用して <Add> ボタンに移動し、ENTER キーを押します。
    9. 以下の値を入力してポート 5445 のポート転送を設定します。
      • 送信元インターフェース: eth1
      • プロトコル: tcp
      • ポート/ポート範囲: 5445
      • 宛先 IP アドレス: 10.1.1.2
      • ポート/ポート範囲: 5445
      TAB キーを使用して OK ボタンに移動し、ENTER を押します。
    10. TAB キーを使用して Close ボタンに移動し、ENTER を押します。
    11. TAB キーを使用して OK ボタンに移動し、ENTER を押します。変更内容を適用するには、警告を読み、Yes をクリックします。
  5. JBoss EAP 6 ホストでファイアウォールを設定します。

    一部の組織では、JBoss EAP 6 サーバー自体でファイアウォールを設定し、運用に必要ないすべてのポートを閉じます。「JBoss EAP 6 により使用されるネットワークポート」 を参照して開くポートを決定し、残りのポートを閉じます。Red Hat Enterprise Linux 6 のデフォルトの設定では、Secure Shell (SSH) に使用される 22 と、マルチキャスト DNS に使用される 5353 以外のポートが閉じられます。ポートを設定する場合は、誤ってロックアウトされないよう物理的にアクセスしてください。
結果

ファイアウォール設定で指定したとおり、ファイアウォールによって内部 JBoss EAP 6 サーバーへトラフィックが転送されるようになります。サーバーでファイアウォールを有効にした場合は、アプリケーションを実行するために必要なポート以外はすべて閉じられます。

手順11.34 PowerShell を使用した Microsoft Windows 上でのファイアウォールの設定

  1. デバッグの目的でファイアウォールを停止し、現在のネットワークの挙動がファイアウォールの設定と関係しているかどうかを判断します。
    Start-Process "$psHome\powershell.exe" -Verb Runas -ArgumentList '-command "NetSh Advfirewall set allprofiles state off"'
  2. ポート 23364 上で UDP 接続を許可します。以下に例を示します。
    Start-Process "$psHome\powershell.exe" -Verb Runas -ArgumentList '-command "NetSh Advfirewall firewall add rule name="UDP Port 23364" dir=in  action=allow protocol=UDP localport=23364"'
    Start-Process "$psHome\powershell.exe" -Verb Runas -ArgumentList '-command "NetSh Advfirewall firewall add rule name="UDP Port 23364" dir=out action=allow protocol=UDP localport=23364"'

手順11.35 mod_cluster アドバタイズを許可するよう Red Hat Enterprise Linux 7 でファイアウォールを設定

  • Red Hat Enterprise Linux 7 で mod_cluster のアドバタイズを有効にするには、以下のようにファイアウォールで UDP ポートを有効にする必要があります。
    firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=23364/udp

    注記

    UDP マルチキャストをアドバタイズする mod_cluster バランサーのデフォルトアドレスおよびポートは 224.0.1.105:23364 です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。