5.3.3. IPv6 アドレス用 JVM スタック設定の指定

概要
このトピックでは、JBoss EAP 6 インストールで IPv6 アドレスを優先するよう設定ファイルで設定する方法について説明します。

手順5.3 IPv6 アドレスを優先するよう JBoss EAP 6 インストールを設定する

  1. インストールに関連するファイルを開きます。
    • スタンドアロンサーバーの場合:

      EAP_HOME/bin/standalone.conf を開きます。
    • 管理対象ドメインの場合:

      EAP_HOME/bin/domain.conf を開きます。
  2. 以下の Java プロパティーを Java VM オプションに追加します。
    -Djava.net.preferIPv6Addresses=true
    例を以下に示します。
    # Specify options to pass to the Java VM.
    #
    if [ "x$JAVA_OPTS" = "x" ]; then
       JAVA_OPTS="-Xms64m -Xmx512m -XX:MaxPermSize=256m -Djava.net.preferIPv4Stack=false 
       -Dorg.jboss.resolver.warning=true -Dsun.rmi.dgc.client.gcInterval=3600000 
       -Dsun.rmi.dgc.server.gcInterval=3600000 -Djava.net.preferIPv6Addresses=true"
    fi

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。