11.6.13.2. JACC (Java Authorization Contract for Containers) のセキュリティーの設定

JACC (Java Authorization Contract for Containers) を設定するには、適切なモジュールでセキュリティードメインを設定し、適切なパラメーターが含まれるよう jboss-web.xml を編集する必要があります。
セキュリティードメインへの JACC サポートの追加

セキュリティードメインに JACC サポートを追加するには、required フラグセットで JACC 承認ポリシーをセキュリティードメインの承認スタックへ追加します。以下は JACC サポートを持つセキュリティードメインの例になりますが、セキュリティードメインは直接 XML には設定されず、管理コンソールまたは管理 CLI で設定されます。

<security-domain name="jacc" cache-type="default">
    <authentication>
        <login-module code="UsersRoles" flag="required">
        </login-module>
    </authentication>
    <authorization>
        <policy-module code="JACC" flag="required"/>
    </authorization>
</security-domain>
JACC を使用するよう Web アプリケーションを設定

jboss-web.xml は デプロイメントの WEB-INF/ ディレクトリーに存在し、Web コンテナに対する追加の JBoss 固有の設定を格納し、上書きします。JACC が有効になっているセキュリティードメインを使用するには、<security-domain> 要素が含まれるようにし、 さらに <use-jboss-authorization> 要素を true に設定する必要があります。以下は、上記の JACC セキュリティードメインを使用するよう適切に設定されているアプリケーションになります。

<jboss-web>
    <security-domain>jacc</security-domain>
    <use-jboss-authorization>true</use-jboss-authorization>
</jboss-web>
JACC を使用するよう EJB アプリケーションを設定

セキュリティードメインと JACC を使用するよう EJB を設定する方法は Web アプリケーションの場合とは異なります。EJB の場合、ejb-jar.xml 記述子にてメソッドまたはメソッドのグループ上でメソッドパーミッションを宣言できます。<ejb-jar> 要素内では、<method-permission> 要素のすべての子に JACC ロールに関する情報が含まれます。詳細は設定例を参照してください。EJBMethodPermission クラスは Java Enterprise Edition 6 API の一部で、http://docs.oracle.com/javaee/6/api/javax/security/jacc/EJBMethodPermission.html で説明されています。

例11.4 EJB の JACC メソッドパーミッション例

<ejb-jar>
  <assembly-descriptor>
    <method-permission>
      <description>The employee and temp-employee roles may access any method of the EmployeeService bean </description>
      <role-name>employee</role-name>
      <role-name>temp-employee</role-name>
      <method>
        <ejb-name>EmployeeService</ejb-name>
        <method-name>*</method-name>
      </method>
    </method-permission>
  </assembly-descriptor>
</ejb-jar>
Web アプリケーションと同様にセキュリティードメインを使用して EJB の認証および承認メカニズムを指定することも可能です。セキュリティードメインは <security> 子要素の jboss-ejb3.xml 記述子に宣言されます。セキュリティードメインの他に、EJB が実行されるプリンシパルを変更する run-as プリンシパル を指定することもできます。

例11.5 EJB におけるセキュリティードメイン宣言の例

<ejb-jar> 
	<assembly-descriptor>
		<security>
  		<ejb-name>*</ejb-name>
  		<security-domain>myDomain</security-domain>
  		<run-as-principal>myPrincipal</run-as-principal>
		</security>
 	</assembly-descriptor>
</ejb-jar>