14.3.8. syslog-handler の設定

JBoss EAP 6 の logmanager に syslog-handler が含まれるようになりました。syslog-handler は、Syslog プロトコル (RFC-3164 または RFC-5424) をサポートするリモートのロギングサーバーへメッセージを送信するために使用できます。これにより、複数のアプリケーションが同じサーバーにログメッセージを送信でき、そのサーバーですべてのログメッセージを解析できます。ここでは、管理 CLI を使用したハンドラーの作成および設定方法と、利用可能な設定オプションについて取り上げます。
  • 管理 CLI のアクセスおよび適切なパーミッション。

手順14.1 syslog-handler の追加

  • 以下のコマンドを実行し、syslog-handler を追加します。
    /subsystem=logging/syslog-handler=HANDLER_NAME:add

手順14.2 syslog-handler の設定

  • 以下のコマンドを実行し、syslog-handler 属性を設定します。
    /subsystem=logging/syslog-handler=HANDLER_NAME:write-attribute(name=ATTRIBUTE_NAME,value=ATTRIBUTE_VALUE)

手順14.3 syslog-handler の削除

  • 以下のコマンドを実行し、既存の syslog-handler を削除します。
    /subsystem=logging/syslog-handler=HANDLER_NAME:remove

表14.6 syslog-handler 設定属性

属性説明デフォルト値
port syslog サーバーがリッスンするポート。514
app-nameメッセージを RFC5424 形式でフォーマットするときに使用されるアプリケーション名。null
enabledtrue に設定されると、ハンドラーが有効になり、通常どおり機能します。false に設定されると、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。true
levelログに記録されるメッセージレベルを指定するログレベル。指定値よりも低いメッセージレベルは破棄されます。ALL
facilityRFC-5424 および RFC-3164 の定義どおり。user-level
server-addresssyslog サーバーのアドレス。localhost
hostnameメッセージ送信元のホスト名。null
syslog-formatRFC 仕様にしたがってログメッセージをフォーマットします。RFC5424