14.3.2. CLI でのログカテゴリー設定

ログカテゴリーは CLI で追加、削除、および編集できます。
ログカテゴリーを設定するために実行する主なタスクは次のとおりです。
  • 新しいログカテゴリーの追加
  • ログカテゴリーの設定表示
  • ログレベルを設定します。
  • ログカテゴリーへのログハンドラーの追加
  • ログカテゴリーからのログハンドラーの削除
  • ログカテゴリーの削除

重要

ログカテゴリーをスタンドアロンシステムのロギングプロファイルで設定する場合、設定パスのルートは /subsystem=logging/ ではなく /subsystem=logging/logging-profile=NAME/ になります。
管理対象ドメインの場合は、使用するプロファイルを指定する必要があります。管理対象ドメインの設定パスの先頭にプロファイル名を追加する必要があります (/subsystem=logging//profile=NAME/subsystem=logging/ に置き換えます)。
ログカテゴリーの追加
次の構文で add 操作を使用します。CATEGORY は追加するカテゴリーに置き換えます。
 /subsystem=logging/logger=CATEGORY:add 

例14.5 新規カテゴリーの追加

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=com.company.accounts.rec:add   
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ログカテゴリーの設定の表示
次の構文で read-resource 操作を使用します。CATEGORY はカテゴリー名に置き換えます。
/subsystem=logging/logger=CATEGORY:read-resource 

例14.6 ログカテゴリーの read-resource 操作

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=org.apache.tomcat.util.modeler:read-resource
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "category" => "org.apache.tomcat.util.modeler",
        "filter" => undefined,
        "filter-spec" => undefined,
        "handlers" => undefined,
        "level" => "WARN",
        "use-parent-handlers" => true
    }
}
[standalone@localhost:9999 /]
ログレベルの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。CATEGORY の箇所はログカテゴリー名に、LEVEL は設定するログレベルに置き換えます。
/subsystem=logging/logger=CATEGORY:write-attribute(name="level", value="LEVEL") 

例14.7 ログレベルの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=com.company.accounts.rec:write-attribute(name="level", value="DEBUG")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ルートロガーのログハンドラーを使用するためのログカテゴリの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。CATEGORY はログカテゴリ名に置き換えます。root ロガーのハンドラーを使用するためのこのログカテゴリには、BOOLEAN を true に置き換えます。独自の割り当てられたハンドラーのみを使用する場合には false に置き換えてください。
/subsystem=logging/logger=CATEGORY:write-attribute(name="use-parent-handlers", value="BOOLEAN") 

例14.8 use-parent-handlers の設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=com.company.accounts.rec:write-attribute(name="use-parent-handlers", value="true")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
ログカテゴリへのログハンドラ追加
次の構文で add-handler 操作を使用します。CATEGORY はカテゴリー名に、HANDLER は追加するハンドラーの名前に置き換えます。
/subsystem=logging/logger=CATEGORY:add-handler(name="HANDLER") 
ログハンドラーを作成してから、ログハンドラーをルートロガーへ追加する必要があります。

例14.9 ログハンドラーの追加

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=com.company.accounts.rec:add-handler(name="AccountsNFSAsync")
{"outcome" => "success"}
ログカテゴリからのログハンドラの削除
次の構文で remove-handler 操作を使用します。CATEGORY はカテゴリー名に、HANDLER は削除するログハンドラーの名前に置き換えます。
/subsystem=logging/logger=CATEGORY:remove-handler(name="HANDLER")

例14.10 ログハンドラーの削除

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=jacorb:remove-handler(name="AccountsNFSAsync")
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]
カテゴリーの削除
次の構文で remove 操作を使用します。CATEGORY は削除するカテゴリーの名前に置き換えます。
/subsystem=logging/logger=CATEGORY:remove 

例14.11 ログカテゴリの削除

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/logger=com.company.accounts.rec:remove   
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。