14.3.3. CLI でのコンソールログハンドラーの設定

コンソールログハンドラーは CLI で追加、削除、および編集できます。
Console ログハンドラーを設定するために実行する主なタスクは次のとおりです。
  • 新しいコンソールログハンドラーの追加
  • コンソールログハンドラーの設定表示
  • ハンドラーのログレベルの設定
  • ハンドラーの出力のターゲットの設定
  • ハンドラーの出力に使用されるエンコーディングの設定
  • ハンドラーの出力に使用されるフォーマッターの設定
  • ハンドラーによる自動フラッシュ使用の有無を設定
  • コンソールログハンドラーの削除

重要

ログハンドラーをスタンドアロンシステムのロギングプロファイルで設定する場合、設定パスのルートは /subsystem=logging/ ではなく /subsystem=logging/logging-profile=NAME/ になります。
管理対象ドメインの場合は、使用するプロファイルを指定する必要があります。管理対象ドメインの設定パスの先頭にプロファイル名を追加する必要があります (/subsystem=logging//profile=NAME/subsystem=logging/ に置き換えます)。
Console ログハンドラーの追加
次の構文で add 操作を使用します。HANDLER は追加するコンソールログハンドラーに置き換えます。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:add 

例14.12 Console ログハンドラーの追加

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:add     
{"outcome" => "success"}
コンソールログハンドラーの設定表示
次の構文で read-resource 操作を使用します。HANDLERはコンソールログハンドラーの名前に置き換えます。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:read-resource 

例14.13 コンソールログハンドラーの設定表示

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=CONSOLE:read-resource
{
    "outcome" => "success",
    "result" => {
        "autoflush" => true,
        "enabled" => true,
        "encoding" => undefined,
        "filter" => undefined,
        "filter-spec" => undefined,
        "formatter" => "%d{HH:mm:ss,SSS} %-5p [%c] (%t) %s%E%n",
        "level" => "INFO",
        "name" => "CONSOLE",
        "named-formatter" => "COLOR-PATTERN",
        "target" => "System.out"
    }
}
ログレベルの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。HANDLER はコンソールログハンドラーの名前に、LEVEL は設定するログレベルに置き換えてください。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:write-attribute(name="level", value="INFO") 

例14.14 ログレベルの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:write-attribute(name="level", value="TRACE")
{"outcome" => "success"}
ターゲットの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。HANDLER はコンソールログハンドラーの名前に置き換えます。TARGET は、システムエラーストリームの場合には System.err に、標準出力ストリームの場合には System.out に置き換えてください。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:write-attribute(name="target", value="TARGET") 

例14.15 ターゲットの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:write-attribute(name="target", value="System.err")
{"outcome" => "success"}
エンコーディングの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。HANDLER をコンソールログハンドラーの名前に置き換え、ENCODING を必要な文字エンコーディングシステムの名前に置き換えます。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:write-attribute(name="encoding", value="ENCODING") 

例14.16 エンコーディングの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:write-attribute(name="encoding", value="utf-8")     
{"outcome" => "success"}
フォーマッターの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。HANDLER はコンソールログハンドラーの名前に置き換えます。FORMAT は必要なフォーマッターの文字列に置き換えます。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:write-attribute(name="formatter", value="FORMAT") 

例14.17 フォーマッターの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:write-attribute(name="formatter", value="%d{HH:mm:ss,SSS} %-5p [%c] (%t) %s%E%n")
{"outcome" => "success"}
自動フラッシュの設定
次の構文で write-attribute 操作を使用します。HANDLER はコンソールログハンドラーの名前に置き換えます。このハンドラーが出力を直ちに書き込むようにするには、BOOLEANtrue に置き換えます。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:write-attribute(name="autoflush", value="BOOLEAN") 

例14.18 自動フラッシュの設定

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:write-attribute(name="autoflush", value="true")                                  
{"outcome" => "success"}
Console ログハンドラーの削除
次の構文で remove 操作を使用します。HANDLER は削除するコンソールログハンドラーの名前に置き換えます。
/subsystem=logging/console-handler=HANDLER:remove 

例14.19 Console ログハンドラーの削除

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=logging/console-handler=ERRORCONSOLE:remove
{"outcome" => "success"}

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。