5.2.6. リモーティングのメッセージサイズの設定

リモーティングサブシステムは、リモーティングプロトコル対してメッセージのサイズを制限するオプションを提供します。最大受信メッセージサイズ (MAX_INBOUND_MESSAGE_SIZE) および最大送信メッセージサイズ (MAX_OUTBOUND_MESSAGE_SIZE) を設定すると、メッセージが適切な制限内のサイズで送受信されます。
リモーティングプロトコルのメッセージサイズを設定すると、システムメモリーが効率的に使用され、重要な操作の実行中にメモリー不足が発生しないようになります。
送信側が最大許容限界 (MAX_OUTBOUND_MESSAGE_SIZE) を超えるメッセージを送信した場合、サーバーによって例外が発生し、データの送信がキャンセルされます。しかし、接続は開いたままになり、送信側は必要であればメッセージを閉じることができます。
受信したメッセージが最大許容限界 (MAX_INBOUND_MESSAGE_SIZE) を越えた場合、接続が開いたまま、メッセージは非同期に閉じられます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。