2.4.4. ファイルの履歴設定

アプリケーションサーバーの設定ファイルには、standalone.xmldomain.xml、および host.xml ファイルが含まれます。これらのファイルは直接編集して変更できますが、管理 CLI や管理コンソールといった利用可能な管理操作でアプリケーションサーバーモデルを設定する方法が推奨されます。
サーバーインスタンスの保守および管理をしやすくするため、アプリケーションサーバーは起動時に元の設定ファイルにタイムスタンプを付けたものを作成します。管理操作によってその他の設定変更が行われると、元のファイルが自動的にバックアップされ、インスタンスの作業用コピーが参照およびロールバック向けに保持されます。このアーカイブ機能には、サーバー設定のスナップショットの保存、ロード、および削除が含まれ、リコールおよびロールバックを可能にします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。