第4章 ユーザー管理

4.1. ユーザー作成

4.1.1. 管理インターフェースのユーザーの追加

概要

最初に利用できるユーザーアカウントがないため、Boss EAP 6 の管理インスタンスは、デフォルトでセキュアになります (グラフィカルインストーラーを使用してプラットフォームがインストールされてない場合)。これは、単純な設定エラーが原因でセキュリティーが侵されることを防ぐための対策です。

JBoss EAP 6 との HTTP 通信は、トラフィックの送信元がローカルホストであってもリモートアクセスと見なされます。したがって、管理コンソールを使用するには、少なくとも 1 人のユーザーを作成する必要があります。ユーザーを追加する前に管理コンソールにアクセスしようとすると、ユーザーが作成されるまでデプロイされないため、エラーが発生します。
以下の手順に従って、最初の管理ユーザーを作成します。このユーザーは、Web ベースの管理コンソールおよび管理 CLI のリモートインスタンスを使用して、リモートシステムから JBoss EAP 6 を設定および管理できます。

手順4.1 リモート管理インターフェース用の最初の管理ユーザーを作成

  1. add-user.sh または add-user.bat スクリプトを実行します。

    EAP_HOME/bin/ ディレクトリーへ移動します。ご使用のオペレーティングシステムに対応するスクリプトを呼び出します。
    Red Hat Enterprise Linux
    [user@host bin]$ ./add-user.sh
    Microsoft Windows Server
    C:\bin>  add-user.bat
  2. 管理ユーザーの追加を選択します。

    ENTER を押して、デフォルトのオプション a を選択して管理ユーザーを追加します。
    このユーザーは ManagementRealm に追加され、Web ベース管理コンソールまたはコマンドラインベース管理 CLI を使用して監理操作を実行することを許可されます。他のオプション b を選択すると、ユーザーが ApplicationRealm に追加され、特定のパーミッションは提供されません。このレルムはアプリケーションで使用するために提供されます。
  3. ユーザー名とパスワードを入力します。

    ユーザー名とパスワードの入力を要求されたら入力します。入力後、パスワードを確認するよう指示されます。
  4. グループ情報を入力します。

    ユーザーが属するグループを追加します。ユーザーが複数のグループに属する場合は、カンマ区切りリストを入力します。ユーザーがどのグループにも属さない場合は空白のままにします。
  5. 情報を確認します。

    情報を確認するよう指示されます。情報が正しければ yes を入力します。
  6. ユーザーがリモート JBoss EAP 6 サーバーインスタンスを表すかどうかを選択します。

    管理者以外にも、場合によっては JBoss EAP 6 の別のインスタンスを表すユーザーを ManagementRealm で JBoss EAP 6 に追加する必要があることがあります。このユーザーは、メンバーとしてクラスターに参加することを認証できる必要があります。次のプロンプトでは、この目的のために追加されたユーザーを指定できます。yes を選択した場合は、ユーザーのパスワードを表すハッシュされた secret 値が提供されます。これは他の設定ファイルに追加する必要があります。このタスクでは、no を選択してください。
  7. 追加ユーザーを入力します。

    必要な場合は、この手順を繰り返すと追加のユーザーを入力できます。また、稼働中のシステムにいつでもユーザーを追加することが可能です。デフォルトのセキュリティーレルムを選択する代わりに他のレルムにユーザーを追加すると、承認を細かく調整できます。
  8. 非対話的にユーザーを作成します。

    コマンドラインで各パラメーターを渡すと非対話的にユーザーを作成できます。ログや履歴ファイルにパスワードが表示されるため、この方法は共有システムでは推奨されません。管理レルムを使用した、コマンドの構文は次のとおりです。
    [user@host bin]$ ./add-user.sh username password
    アプリケーションレルムを使用するには、-a パラメーターを使用します。
    [user@host bin]$ ./add-user.sh -a username password
  9. --silent パラメーターを渡すと add-user スクリプトの通常の出力を無効にできます。これは、username および password パラメーターが指定されている場合のみ適用されます。エラーメッセージは表示されます。
結果

追加したすべてのユーザーは、指定したセキュリティーレルム内でアクティベートされます。ManagementRealm レルム内でアクティブなユーザーは、リモートシステムから JBoss EAP 6 を管理できます。

4.1.2. ユーザー管理の add-user スクリプトへ引数を渡す

add-user.sh または add-user.bat コマンドを対話的に実行できますが、コマンドラインで引数を渡すこともできます。ここでは、コマンドライン引数を add-user スクリプトへ渡すときに使用可能なオプションについて説明します。
add-user.sh または add-user.bat コマンドで使用できるコマンドライン引数の一覧は、「add-user コマンド引数」 を参照してください。
代替のプロパティーファイルおよび場所を指定する方法については、「ユーザー管理情報の代替プロパティーファイルの指定」 を参照してください。
add-user.sh または add-user.bat コマンドで引数を渡す方法を実証する例は、「add-user スクリプトのコマンドラインの例」 を参照してください。

4.1.3. add-user コマンド引数

下表は、add-user.sh または add-user.bat コマンドで使用できる引数を表しています。

表4.1 add-user コマンド引数

コマンドライン引数引数の値説明
-a
該当なし
この引数は、アプリケーションレルムでユーザーを作成するよう指定します。省略した場合、デフォルトでは管理レルムでユーザーが作成されます。
-dc
DOMAIN_CONFIGURATION_DIRECTORY
この引数は、プロパティーファイルが含まれるドメイン設定ディレクトリーを指定します。省略した場合、デフォルトのディレクトリーは EAP_HOME/domain/configuration/ になります。
-sc
SERVER_CONFIGURATION_DIRECTORY
この引数は、プロパティーファイルが含まれる代替のスタンドアロンサーバー設定ディレクトリーを指定します。省略した場合、デフォルトのディレクトリーは EAP_HOME/standalone/configuration/ になります。
-up
--user-properties
USER_PROPERTIES_FILE
この引数は、代替のユーザープロパティーファイルの名前を指定します。絶対パスを使用でき、代替の設定ディレクトリーを指定する -sc または -dc 引数と共に使用されるファイル名を使用することもできます。
-g
--group
GROUP_LIST
このユーザーに割り当てるグループのコンマ区切りリスト。
-gp
--group-properties
GROUP_PROPERTIES_FILE
この引数は、代替のグループプロパティーファイルの名前を指定します。絶対パスを使用でき、代替の設定ディレクトリーを指定する -sc または -dc 引数と共に使用されるファイル名を使用することもできます。
-p
--password
PASSWORD
ユーザーのパスワード。パスワードは次の要件を満たしている必要があります。
  • 8 文字以上でなければなりません。
  • 1 文字以上のアルファベットが含まれなくてはなりません。
  • 1 文字以上の数字が含まれなければなりません。
  • 英数字以外の記号が 1 つ以上含まれなければなりません。
-u
--user
USER_NAME
ユーザーの名前。英数字と ,./=@\ の記号のみが有効です。
-r
--realm
REALM_NAME
管理インターフェースをセキュアにするために使用されるレルムの名前。省略した場合、デフォルト値は ManagementRealm です。
-s
--silent
該当なし
コンソールへ出力せずに add-user スクリプトを実行します。
-h
--help
該当なし
add-user スクリプトの使用情報を表示します。

4.1.4. ユーザー管理情報の代替プロパティーファイルの指定

概要

デフォルトでは、add-user.sh または add-user.bat スクリプトを使用して作成されたユーザーおよびロール情報は、サーバー設定ディレクトリーにあるプロパティーファイルに保存されます。サーバー設定情報は EAP_HOME/standalone/configuration/ ディレクトリーに保存され、ドメイン設定情報は EAP_HOME/domain/configuration/ ディレクトリーに保存されます。ここでは、デフォルトのファイル名および場所を上書きする方法について説明します。

手順4.2 代替プロパティーファイルの指定

    • サーバー設定の代替のディレクトリーを指定するには、-sc 引数を使用します。この引数は、サーバー設定プロパティーファイルが含まれる代替のディレクトリーを指定します。
    • ドメイン設定の代替のディレクトリーを指定するには、-dc 引数を使用します。この引数は、ドメイン設定プロパティーファイルが含まれる代替のディレクトリーを指定します。
    • 代替のユーザー設定プロパティーファイルを指定するには、-up または --user-properties 引数を使用します。絶対パスを使用でき、代替の設定ディレクトリーを指定する -sc または -dc 引数と共に使用されるファイル名を使用することもできます。
    • 代替のグループ設定プロパティーファイルを指定するには、-gp または --group-properties 引数を使用します。絶対パスを使用でき、代替の設定ディレクトリーを指定する -sc または -dc 引数と共に使用されるファイル名を使用することもできます。

注記

add-user コマンドは、既存のプロパティーファイルでの操作を目的とするコマンドです。コマンドライン引数に指定された代替のプロパティーファイルが存在しない場合は、次のエラーが表示されます。
JBAS015234: No appusers.properties files found
コマンド引数に関する詳細は、「add-user コマンド引数」 を参照してください。
add-user コマンドの例は、「add-user スクリプトのコマンドラインの例」 を参照してください。

4.1.5. add-user スクリプトのコマンドラインの例

以下の例は、add-user.sh または add-user.bat コマンドで引数を渡す方法を表しています。記載があるもの以外は、これらのコマンドはスタンドアローンサーバーの設定を前提としています。

例4.1 デフォルトのプロパティーファイルを使用した単一のグループに属するユーザーの作成

EAP_HOME/bin/add-user.sh -a -u 'appuser1' -p 'password1!' -g 'guest'
上記のコマンドを実行した結果は次のとおりです。
  • ユーザー appuser1 が、ユーザー情報が保存される以下のデフォルトプロパティーファイルに追加されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/application-users.properties
    EAP_HOME/domain/configuration/application-users.properties
  • guest グループのユーザー appuser1 が、グループ情報が保存されるデフォルトのプロパティーファイルに追加されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties
    EAP_HOME/domain/configuration/application-roles.properties

例4.2 デフォルトのプロパティーファイルを使用した複数のグループに属するユーザーの作成

EAP_HOME/bin/add-user.sh -a -u 'appuser1' -p 'password1!' -g 'guest,app1group,app2group'
上記のコマンドを実行した結果は次のとおりです。
  • ユーザー appuser1 が、ユーザー情報が保存される以下のデフォルトプロパティーファイルに追加されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/application-users.properties
    EAP_HOME/domain/configuration/application-users.properties
  • guestapp1group、および app2group グループに属するユーザー appuser1 が、グループ情報が保存されるデフォルトのプロパティーファイルに追加されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/application-roles.properties
    EAP_HOME/domain/configuration/application-roles.properties

例4.3 デフォルトのプロパティーファイルを使用したデフォルトレルムの管理特権を持つユーザーの作成

EAP_HOME/bin/add-user.sh -u 'adminuser1' -p 'password1!' -g 'admin'
上記のコマンドを実行した結果は次のとおりです。
  • ユーザー adminuser1 が、ユーザー情報が保存される以下のデフォルトプロパティーファイルに追加されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/mgmt-users.properties
    EAP_HOME/domain/configuration/mgmt-users.properties
  • admin グループのユーザー adminuser1 が、グループ情報が保存されるデフォルトのプロパティーファイルに追加されます。
    EAP_HOME/standalone/configuration/mgmt-groups.properties
    EAP_HOME/domain/configuration/mgmt-groups.properties

例4.4 情報を保存する代替プロパティーファイルを使用した単一のグループに属するユーザーの作成

EAP_HOME/bin/add-user.sh -a -u appuser1 -p password1! -g app1group -sc /home/someusername/userconfigs/ -up appusers.properties -gp appgroups.properties 
上記のコマンドを実行した結果は次のとおりです。
  • ユーザー appuser1 が、以下のプロパティーファイルに追加され、このファイルがユーザー情報を保存するデフォルトファイルになります。
    /home/someusername/userconfigs/appusers.properties
  • app1group グループのユーザー appuser1 が、以下のプロパティーファイルに追加され、このファイルがグループ情報を保存するデフォルトファイルになります。
    /home/someusername/userconfigs/appgroups.properties

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。