第11章 JBoss EAP 6 のセキュア化

11.1. セキュリティーサブシステム

security サブシステムは、アプリケーションのセキュリティーインフラストラクチャーを提供します。サブシステムは、現在のリクエストに関連するセキュリティーコンテキストを使用して認証マネージャー、承認マネージャー、監査マネージャー、およびマッピングマネージャーの機能を関係するコンテナに提供します。
security サブシステムはデフォルトで事前設定されているため、セキュリティー要素を変更する必要はほとんどありません。変更が必要となる可能性がある唯一のセキュリティー要素は、deep-copy-subject-mode を使用するかどうかです。ほとんどの場合で、管理者はセキュリティードメインの設定に集中します。
ディープコピーモード

ディープコピーサブジェクトモードの詳細は、「ディープコピーサブジェクトモード」を参照してください。

セキュリティードメイン

セキュリティードメインとは、認証、承認、監査、およびマッピングを制御するために単一または複数のアプリケーションが使用する Java Authentication and Authorization Service (JAAS) 宣言型セキュリティー設定のセットです。デフォルトでは、jboss-ejb-policyjboss-web-policy、および other の 3 つのセキュリティードメインが含まれています。アプリケーションの要件に対応するため、必要な数のセキュリティードメインを作成できます。セキュリティードメインの詳細は、「アプリケーションでのセキュリティードメインの使用」を参照してください。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。