第5章 ネットワークおよびポート設定

5.1. インターフェース

5.1.1. インターフェース

アプリケーションサーバーは、設定全体で名前付きインターフェース参照を使用します。これにより、使用ごとにインターフェースの完全な詳細を使用するのではなく論理名を使用して個々のインターフェース宣言を参照できるようになります。また、論理名を使用することにより、管理対象ドメインのサーバーインスタンスに、複数のマシンのさまざまなインターフェース詳細が含まれることがある名前付きインターフェースへのグループ参照で整合性を取ることができます。この方法により、各サーバーインスタンスは、インターフェースグループ全体を簡単に管理できる論理名グループに対応できます。
ネットワークインターフェースは、物理インターフェースの論理名と選択基準を指定して宣言されます。アプリケーションサーバーは、管理およびパブリックインターフェース名のデフォルト設定で出荷されます。この設定では、パブリックインターフェースグループは、Web やメッセージングなどのアプリケーション関連ネットワーク通信で使用することを目的としています。管理インターフェースグループは、HTTP 管理エンドポイントを含む管理レイヤーで必要なすべてのコンポーネントとサービスに使用することを目的としています。インターフェース名自体は、推奨例としてのみ提供され、どのグループのどの名前でも必要に応じて置換または作成できます。
domain.xmlhost.xml、および standalone.xml 設定ファイルには、インターフェース宣言が含まれます。宣言基準はワイルドカードアドレスを参照したり、有効な一致となるためにインターフェースまたはアドレスで必要となる 1 つ以上の特徴を指定したりできます。次の例は、通常は standalone.xml 設定ファイルまたは host.xml 設定ファイルで定義される、インターフェース宣言の複数の設定を示しています。これにより、リモートホストグループが独自の固有インターフェース属性を維持できるようになる一方で、ドメインコントローラーの domain.xml 設定ファイルのインターフェースグループを引き続き参照できます。
最初の例は、management 相対名グループと public 相対名グループに対して指定された固有の inet-address 値を示します。

例5.1 inet-address 値で作成されたインターフェースグループ

<interfaces>
  <interface name="management">
   <inet-address value="127.0.0.1"/>
  </interface>
  <interface name="public">
   <inet-address value="127.0.0.1"/>
  </interface>
</interfaces>
次の例では、グローバルインターフェースグループが any-address 要素を使用してワイルドカードアドレスを宣言します。

例5.2 ワイルドカード宣言で作成されたグローバルグループ

<interface name="global">
   <!-- Use the wild-card address -->
   <any-address/>
</interface>
次の例では、相対グループ下のネットワークインターフェースカードを名前 external で宣言します。

例5.3 NIC 値で作成された外部グループ

        
<interface name="external">
   <nic name="eth0"/>
</interface>
次の例では、特定の要件に対して宣言がデフォルトグループとして作成されます。このインスタンスでは、追加要素の特徴によって、有効な一致となるインターフェースの条件が設定されます。これにより、特定のインターフェース宣言グループを作成でき、事前設定された方法でこれらを参照できるため、複数のサーバーインスタンス全体で設定および管理時間を短縮できます。

例5.4 特定の条件値で作成されたデフォルトグループ

<interface name="default">
   <!-- Match any interface/address on the right subnet if it's
        up, supports multicast, and isn't point-to-point -->
   <subnet-match value="192.168.0.0/16"/>
   <up/>
   <multicast/>
   <not>
      <point-to-point/>
   </not>
</interface>
インターフェース宣言はソース設定ファイルで記述および編集できますが、管理 CLI と管理コンソールでは、安全で制御された永続的な環境で設定を変更できます。

5.1.2. インターフェースの設定

standalone.xml 設定ファイルと host.xml 設定ファイルのデフォルトインターフェース設定は、それぞれの相対インターフェーストークンを持つ 3 つの名前付きインターフェースを提供します。管理コンソールまたは管理 CLI を使用して、下表にある追加の属性と値を設定します。また、必要に応じて、相対インターフェースバインディングを特定の値に置き換えることもできますが、-b スイッチは相対値のみを上書きできるため、サーバーの実行時にインターフェース値を渡すことはできません。

例5.5 デフォルトインターフェース設定

        
<interfaces>
  <interface name="management">
    <inet-address value="${jboss.bind.address.management:127.0.0.1}"/>
  </interface>
  <interface name="public">
    <inet-address value="${jboss.bind.address:127.0.0.1}"/>
  </interface>
  <interface name="unsecure">
    <inet-address value="${jboss.bind.address.unsecure:127.0.0.1}"/>
  </interface>
</interfaces>

表5.1 インターフェース属性と値

インターフェース要素説明
any選択基準を制約するために使用されるアドレス除外タイプの空の要素。
any-addressこのインターフェースを使用するソケットをワイルドカードアドレスにバインドする必要があることを示す空の要素。java.net.preferIpV4Stack システムプロパティーが true に設定されていない限り、IPv6 ワイルドカードアドレス (::) が使用されます。true に設定された場合は、IPv4 ワイルドカードアドレス (0.0.0.0) が使用されます。ソケットがデュアルスタックマシンの IPv6 anylocal アドレスにバインドされた場合は、IPv6 および IPv4 トラフィックを受け取ることができます。IPv4 (IPv4 マッピング) anylocal アドレスにバインドされた場合は、IPv4 トラフィックのみを受け取ることができます。
any-ipv4-addressこのインターフェースを使用するソケットを IPv4 ワイルドカードアドレス (0.0.0.0) にバインドする必要があることを示す空の要素。
any-ipv6-addressこのインターフェースを使用するソケットを IPv6 ワイルドカードアドレス (::) にバインドする必要があることを示す空の要素。
inet-addressIPv6 または IPv4 のドット区切り表記の IP アドレス、または IP アドレスに解決できるホスト名。
link-local-addressインターフェースの選択基準の一部として、関連付けられたアドレスがリンクローカルであるかどうかを示す空の要素。
loopbackインターフェースの選択基準の一部として、ループバックインターフェースであるかどうかを示す空の要素。
loopback-addressマシンのループバックインターフェースで実際には設定できないループバックアドレス。IP アドレスが関連付けられた NIC が見つからない場合であっても該当する値が使用されるため、inet-addressType とは異なります。
multicastインターフェースの選択基準の一部として、マルチキャストをサポートするかどうかを示す空の要素。
nicネットワークインターフェースの名前 (eth0、eth1、lo など)。
nic-match使用できるインターフェースを見つけるために、マシンで利用可能なネットワークインターフェースの名前を検索する正規表現。
not選択基準を制約するために使用されるアドレス除外タイプの空の要素。
point-to-pointインターフェースの選択基準の一部として、ポイントツーポイントインターフェースであるかどうかを示す空の要素。
public-addressインターフェースの選択基準の一部として、公開されたルーティング可能なアドレスを持つかどうかを示す空の要素。
site-local-addressインターフェースの選択基準の一部として、関連付けられたアドレスがサイトローカルであるかどうかを示す空の要素。
subnet-match「スラッシュ表記法」で記述されたネットワーク IP アドレスとアドレスのネットワーク接頭辞のビット数 (たとえば、192.168.0.0/16)。
upインターフェースの選択基準の一部として、現在稼動しているかどうかを示す空の要素。
virtualインターフェースの選択基準の一部として、仮想インターフェースであるかどうかを示す空の要素。
  • インターフェース属性の設定

    タブ補完を使用して、入力しながらコマンド文字列を補完したり、利用可能な属性を表示したりできます。
    • 管理 CLI でのインターフェース属性の設定

      管理 CLI を使用して、新しいインターフェースを追加し、インターフェース属性に新しい値を書き込みます。
      1. 新しいインターフェースの追加

        add 操作は必要に応じて新しいインターフェースを作成します。add コマンドは、管理 CLI セッションのルートから実行されます。次の例では、inet-address12.0.0.2 と宣言された、新しいインターフェース interfacename が作成されます。
        /interface=interfacename/:add(inet-address=12.0.0.2)
      2. インターフェース属性の編集

        write-attribute 操作は、新しい値を属性に書き込みます。以下の例では、inet-address の値を 12.0.0.8 に更新します。
        /interface=interfacename/:write-attribute(name=inet-address, value=12.0.0.8)
      3. インターフェース属性の検証

        属性の値が変更されたことを確認するため、include-runtime=true パラメーターを使用して read-resource 操作を実行し、サーバーモデルで有効な現在の値をすべて表示します。例は次のとおりです。
        [standalone@localhost:9999 interface=public] :read-resource(include-runtime=true)
    • 管理コンソールでのインターフェース属性の設定

      1. 管理コンソールへのログイン

        管理対象ドメインまたはスタンドアロンサーバーインスタンスの管理コンソールにログインします。
      2. インターフェース画面への移動

        1. Configuration タブへ移動します。

          画面の上部から Configuration タブを選択します。
        2. ドメインモードのみ

          画面の左上にある Profile ドロップダウンメニューからプロファイルを選択します。
      3. ナビゲーションメニューからの Interfaces の選択

        General Configuration メニューを展開します。ナビゲーションメニューから Interfaces メニューを選択します。
      4. 新しいインターフェースの追加

        1. 追加 をクリックします。
        2. NameInet Address、および Address Wildcard に必要な値を入力します。
        3. Save をクリックします。
      5. インターフェース属性の編集

        1. Available Interfaces リストから編集する必要があるインターフェースを選択し、Edit ボタンをクリックします。
        2. NameInet Address、および Address Wildcard に必要な値を入力します。
        3. Save をクリックします。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。