第20章 メッセージング

20.1. はじめに

20.1.1. HornetQ

HornetQ は、Red Hat により開発されたマルチプロトコル非同期メッセージングシステムです。HornetQ は、自動クライアントフェイルオーバーとともに高可用性 (HA) を提供し、サーバー障害時にメッセージの信頼性を保証します。また、HornetQ は、負荷分散されたメッセージで柔軟なクラスタリングソリューションをサポートします。
HornetQ は JBoss EAP 6 の Java Message Service (JMS) プロバイダーで、Messaging Subsystem として設定されます。

20.1.2. Java Messaging Service (JMS)

メッセージングシステムにより、異種システムを疎結合することが可能となる上、信頼性が向上します。Java Messaging Service (JMS) プロバイダーはトランザクションのシステムを使用して変更をアトミックにコミットまたはロールバックします。Remote Procedure Call (RPC) パターンをベースとするシステムとは異なり、メッセージングシステムは要求と応答の間に密な関係のない非同期メッセージパッシングパターンを主に使用します。大半のメッセージングシステムでは、 要求-応答モードをサポートしますが、これはメッセージングシステムの主要機能ではありません。
メッセージングシステムはメッセージのコンシューマーとメッセージの送信元を切り離します。メッセージの送信元とコンシューマーは完全に独立し、お互いについては何も知りません。多くの場合、大型のエンタープライズ環境では、メッセージングシステムを使用して、異種システムを疎結合するメッセージバスを実装しています。 メッセージバスは通常 Enterprise Service Bus (ESB) の中核を形成します。メッセージバスを使用して異種システムを切り離すことにより、システムを拡張して、より容易に適応させることができます。また、脆弱な相互依存関係がないため、新規システムの追加や旧システムのリタイアを行う柔軟性も向上します。

20.1.3. サポートされているメッセージ形式

HornetQ は、以下のメッセージ形式に対応しています。
Message Queue パターン
Message Queue パターンでは、メッセージをキューに送信する必要があります。メッセージがキューに入ると、通常は永続化されて、配信が保証されます。キューを通過したメッセージは、メッセージングシステムによりメッセージコンシューマーに配信されます。 メッセージが処理されると、メッセージコンシューマーはメッセージが配信されたことを確認応答します。
Message Queue パターンでは、ポイントツーポイントメッセージングと併用すると、複数のコンシューマーをキューに入れることが可能ですが、各メッセージは単一のコンシューマーのみが受信可能となります。
Publish-Subscribe パターン
Publish-Subscribe パターンでは、サーバー上の単一のエンティティーに対して複数の送信者がメッセージを送信できます。このエンティティーは、「トピック」と呼ばれます。各トピックには、「サブスクリプション」と呼ばれる複数のコンシューマーが参加できます。
各サブスクリプションは、トピックによって送信された全メッセージのコピーを受信します。これは、各メッセージを消費するのが単一のコンシューマーのみである Message Queue パターンとは異なります。
永続的なサブスクリプションは、トピックに送信された各メッセージをサブスクライバーが消費するまで、そのコピーを保持します。このようなコピーは、サーバーの再起動時にも維持されます。非永続的なサブスクリプションは、そのサブスクリプションを作成した接続が有効な間のみ継続します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。