第1章 はじめに

1.1. Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6

Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6 (JBoss EAP 6) は、オープンな標準に基いて構築され、Java Enterprise Edition 6 の仕様に準拠するミドルウェアプラットフォームです。高可用性クラスタリング、メッセージング、分散キャッシングなどの技術が JBoss Application Server 7 と統合されます。
JBoss EAP 6 には、必要な場合にだけサービスを有効にできる新しいモジュール構造が含まれます (サービスの起動時間が短縮されます)。
管理コンソールと管理コマンドラインインターフェースにより、XML 設定ファイルの編集が不必要になり、タスクをスクリプト化および自動化する機能が追加されました。
また、JBoss EAP 6 には、セキュアでスケーラブルな Java EE アプリケーションの迅速な開発を可能にする API と開発フレームワークが含まれます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。