第7章 モジュールの設定

7.1. はじめに

7.1.1. モジュール

モジュールは、クラスローディングおよび依存関係管理に使用されるクラスの論理グループです。JBoss EAP 6 は、静的および動的モジュールと呼ばれる 2 つのタイプのモジュールを識別します。この 2 つのタイプのモジュールは、パッケージ化された方法のみが異なります。すべてのモジュールは同じ機能を提供します。
静的モジュール
静的モジュールは、アプリケーションサーバーの EAP_HOME/modules/ ディレクトリーに事前定義されます。各サブディレクトリーは 1 つのモジュールを表し、設定ファイル (module.xml) および必要な JAR ファイルが含まれる main/ サブディレクトリーを定義します。モジュールの名前は、module.xml ファイルで定義されます。アプリケーションサーバーによって提供されるすべての API (Java EE API や、JBoss Logging などのその他の API を含む) は、静的モジュールとして提供されます。

例7.1 module.xml ファイルの例

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<module xmlns="urn:jboss:module:1.0" name="com.mysql">
  <resources>
    <resource-root path="mysql-connector-java-5.1.15.jar"/>
  </resources>
  <dependencies>
    <module name="javax.api"/>
    <module name="javax.transaction.api"/>
  </dependencies>
</module>
main/ サブディレクトリー名以外のモジュール名 com.mysql はそのモジュールのディレクトリー構造と一致する必要があります。
JBoss EAP ディストリビューションで提供されるモジュールは、JBOSS_HOME/modules ディレクトリー内の system ディレクトリーにあります。そのため、サードパーティーによって提供されるモジュールから分離されます。
JBoss EAP 6.1 またはそれ以降のバージョンの上部レイヤーにある Red Hat 提供のレイヤー製品も、モジュールを system ディレクトリー内にインストールします。
カスタム静的モジュールの作成は、同じサードパーティーライブラリーを使用する同じサーバー上に多くのアプリケーションがデプロイされる場合に役立ちます。これらのライブラリーを各アプリケーションとバンドルする代わりに、JBoss 管理者はこれらのライブラリーが含まれるモジュールを作成およびインストールできます。アプリケーションは、カスタム静的モジュールで明示的な依存関係を宣言できます。
モジュール毎のディレクトリーになるよう、カスタムモジュールが JBOSS_HOME/modules ディレクトリーにインストールされるようにする必要があります。こうすると、同梱されたバージョンではなく、system ディレクトリーに存在するカスタムバージョンのモジュールがロードされるようになります。これにより、ユーザー提供のモジュールがシステムモジュールよりも優先されます。
JBOSS_MODULEPATH 環境変数を使用して JBoss EAP がモジュールを検索する場所を変更する場合、指定された場所の 1 つで system サブディレクトリー構造を探します。system 構造は、JBOSS_MODULEPATH で指定された場所のどこかに存在する必要があります。
動的モジュール
動的モジュールは、各 JAR または WAR デプロイメント (または、EAR 内のサブデプロイメント) に対してアプリケーションサーバーによって作成およびロードされます。動的モジュールの名前は、デプロイされたアーカイブの名前から派生されます。デプロイメントはモジュールとしてロードされるため、依存関係を設定でき、他のデプロイメントは依存関係として使用することが可能です。
モジュールは必要な場合にのみロードされます。通常、モジュールは、明示的または暗黙的な依存関係があるアプリケーションがデプロイされる場合にのみロードされます。

7.1.2. グローバルモジュール

グローバルモジュールは、JBoss EAP 6 がすべてのアプリケーションへの依存関係として提供するモジュールです。このモジュールをアプリケーションサーバーのグローバルモジュールリストへ追加すると、どのモジュールもグローバルモジュールになります。モジュールへの変更は必要ありません。

7.1.3. モジュールの依存性

モジュール依存関係とは、あるモジュールが機能するには別のモジュールのクラスが必要になるという宣言です。モジュールはいくつでも他のモジュールの依存関係を宣言することができます。アプリケーションサーバーがモジュールをロードするとき、モジュールクラスローダーがモジュールの依存関係を解析し、各依存関係のクラスをクラスパスに追加します。指定の依存関係が見つからない場合、モジュールはロードできません。
デプロイされたアプリケーション (JAR または WAR) は動的モジュールとしてロードされ、依存関係を利用して JBoss EAP 6 によって提供される API にアクセスします。
依存関係には明示的と暗黙的の 2 つのタイプがあります。
明示的な依存関係は開発者が設定に宣言します。静的モジュールでは、依存関係を modules.xml ファイルに宣言できます。動的モジュールでは、デプロイメントの MANIFEST.MF または jboss-deployment-structure.xml デプロイメント記述子に依存関係を宣言できます。
明示的な依存関係は、任意の依存関係として指定できます。任意の依存関係をロードできなくても、モジュールによるロードは失敗しません。しかし、依存関係が後で使用できるようになっても、モジュールのクラスパスには追加されません。モジュールがロードされるときに依存関係が使用できなければなりません。
暗黙的な依存関係は、デプロイメントで特定の状態やメタデータが見つかったときに、アプリケーションサーバーによって自動的に追加されます。JBoss EAP 6 に同梱される Java EE 6 API は、デプロイメントで暗黙的な依存関係が検出されたときに追加されるモジュールの例になります。
デプロイメントを設定して特定の暗黙的な依存関係を除外することも可能です。この設定は jboss-deployment-structure.xml デプロイメント記述子ファイルで行います。これは、アプリケーションサーバーが暗黙的な依存関係として追加しようとする特定バージョンのライブラリーを、アプリケーションがバンドルする場合に一般的に行われます。
モジュールのクラスパスには独自のクラスとその直接の依存関係のみが含まれます。モジュールは 1 つの依存関係の依存関係クラスにはアクセスできませんが、暗示的な依存関係のエクスポートを指定できます。エクスポートされた依存関係は、エクスポートするモジュールに依存するモジュールへ提供されます。

例7.2 モジュールの依存関係

モジュール A はモジュール B に依存し、モジュール B はモジュール C に依存します。モジュール A はモジュール B のクラスにアクセスでき、モジュール B はモジュール C のクラスにアクセスできます。以下の場合を除き、モジュール A はモジュール C のクラスにはアクセスできません。
  • モジュール A がモジュール C への明示的な依存関係を宣言する場合。
  • または、モジュール B がモジュール B の依存関係をモジュール C でエクスポートする場合。

7.1.4. サブデプロイメントクラスローダーの分離

エンタープライズアーカイブ (EAR) の各サブデプロイメントは独自のクラスローダーを持つ動的モジュールです。デフォルトでは、サブデプロイメントは他のサブデプロイメントのリソースにアクセスできます。
サブデプロイメントが他のサブデプロイメントのリソースにアクセスすべきでない場合 (厳格なサブデプロイメントの分離が必要な場合) は、この挙動を有効にできます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。