14.6.7. 同期ログハンドラープロパティー

表14.13 同期ログハンドラープロパティー

プロパティーデータタイプ説明
level文字列
ログハンドラーが記録するログメッセージの最大レベル。
name文字列
このログハンドラーの一意の ID。
queue-lengthInteger
サブハンドラーが応答するときに、このハンドラーが保持するログメッセージの最大数。
overflow-action文字列
キューの長さを超えたときにこのハンドラーがどのように応答するかを示します。これは BLOCK または DISCARD に設定できます。BLOCK により、キューでスペースが利用可能になるまでロギングアプリケーションが待機します。これは、非同期でないログハンドラーと同じ動作です。DISCARD により、ロギングアプリケーションは動作し続けますが、ログメッセージは削除されます。
subhandlersString[]
これは、この非同期ハンドラーがログメッセージを渡すログハンドラーの一覧です。
enabledブール値
true に設定された場合、ハンドラーが有効になり、通常とおり機能します。false に設定された場合、ログメッセージの処理時にハンドラーが無視されます。
filter-spec文字列
フィルターを定義する式の値。式 not(match("JBAS.*")) はパターンに一致しないフィルターを定義します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。