23.2.5. セッションおよびメッセージ駆動型 Bean に対する Bean プールの割り当て

JBoss 管理者は、セッション Bean およびメッセージ駆動型 Bean によって使用される個別の Bean プールを割り当てることができます。Bean プールは、管理コンソールまたは CLI ツールを使用して割り当てることができます。
デフォルトでは、ステートレスセッション Bean に対する slsb-strict-max-pool とメッセージ駆動型 Bean に対する mdb-strict-max-pool の 2 つの Bean プールが提供されます。
Bean プールを作成または編集する場合は 「Bean プールの作成」 および 「Bean プールの編集」 を参照してください。

手順23.7 管理コンソールを使用したセッションおよびメッセージ駆動型 Bean に対する Bean プールの割り当て

  1. 管理コンソールにログインします (「管理コンソールへのログイン」)。
  2. 画面上部にある Configuration タブをクリックします。Container メニューを展開し、EJB 3 を選択します。Container タブを選択します。
  3. 編集 をクリックします。
  4. 適切なコンボボックスから、Bean の各タイプに使用する Bean プールを選択します。
  5. Save をクリックして終了します。

手順23.8 CLI を使用したセッションおよびメッセージ駆動型 Bean に対する Bean プールの割り当て

  1. CLI ツールを起動して、サーバーに接続します。「管理 CLI を使用した管理対象サーバーインスタンスへの接続」 を参照してください。
  2. 次の構文で write-attribute 操作を使用します。
    /subsystem=ejb3:write-attribute(name="BEANTYPE", value="BEANPOOL")
    • BEANTYPE は、メッセージ駆動型 Bean の default-mdb-instance-pool またはステートレスセッション Bean の default-slsb-instance-pool に置き換えます。
    • BEANPOOL を割り当てる Bean プールの名前に置き換えます。
  3. read-resource 操作を使用して変更を確認します。
    /subsystem=ejb3:read-resource

例23.5 CLI を使用したセッション Bean に対する Bean プールの割り当て

[standalone@localhost:9999 /] /subsystem=ejb3:write-attribute(name="default-slsb-instance-pool", value="LV_SLSB_POOL")  
{"outcome" => "success"}
[standalone@localhost:9999 /]

例23.6 XML 設定の例

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:ejb3:1.2">
   <session-bean>
      <stateless>
         <bean-instance-pool-ref pool-name="slsb-strict-max-pool"/>
      </stateless>
      <stateful default-access-timeout="5000" cache-ref="simple"/>
      <singleton default-access-timeout="5000"/>
   </session-bean>
   <mdb>
      <resource-adapter-ref resource-adapter-name="hornetq-ra"/>
      <bean-instance-pool-ref pool-name="mdb-strict-max-pool"/>
   </mdb>


</subsystem>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。