11.9.6. 制約

制約とは、指定のリソースリストに対するアクセス制御設定の名前付きセットです。RBAC システムは制約とロールパーミッションの組み合わせを使用して、特定ユーザーが管理操作を実行できるかどうかを決定します。

制約は、アプリケーション、機密性、および Vault 式の 3 つに分類されます。
アプリケーション制約

アプリケーション制約は、Deployer ロールのユーザーがアクセスできるリソースおよび属性のセットを定義します。デフォルトでは、有効になっているアプリケーション制約は、デプロイメントやデプロイメントオーバーレイが含まれるコアのみです。また、アプリケーション制約はデータソース、ロギング、メール、メッセージング、ネーミング、リソースアダプター、およびセキュリティーに対しても含まれますが、デフォルトでは有効になっていません。これらの制約により、Deployer ユーザーはアプリケーションをデプロイできるだけでなく、これらのアプリケーションが必要とするリソースを設定および維持できます。

アプリケーション制約の設定は、管理 API の /core-service=management/access=authorization/constraint=application-classification にあります。
機密性制約

機密性制約は、「機密」とされるリソースのセットを定義します。通常、機密リソースとは、パスワードなどの秘密のリソースや、ネットワーキング、JVM 設定、システムプロパティーなどのサーバー操作に深刻な影響を与えるリソースのことを言います。アクセス制御システム自体も機密であるとみなされます。

機密リソースへの書き込みを許可されるロールは、Administrator と SuperUser のみです。Auditor ロールは、機密リソースの読み取りのみ可能です。他のロールは機密リソースへアクセスできません。

機密性制約の設定は、管理 API の /core-service=management/access=authorization/constraint=sensitivity-classification にあります。
vault 式制約

vault 式制約は、vault 式の読み取りまたは書き込みが機密操作としてみなされるかどうかを定義します。デフォルトでは、vault 式の読み書き両方が機密操作とみなされます。

vault 式制約の設定は、管理 API の /core-service=management/access=authorization/constraint=vault-expression にあります。

制約は管理コンソールでは設定できません。