11.2. セキュリティーサブシステムの構造

セキュリティーサブシステムは、管理対象ドメインまたはスタンドアロン設定ファイルに設定されます。設定要素のほとんどは、Web ベースの管理コンソールまたはコンソールベースの管理 CLI を使用して設定することが可能です。以下の XML はセキュリティーサブシステムの例を表しています。

例11.1 セキュリティーサブシステムの設定例

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:security:1.2">
	<security-management>
		...
	</security-management>
	<security-domains>
        <security-domain name="other" cache-type="default">
            <authentication>
                <login-module code="Remoting" flag="optional">
                    <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
                </login-module>
                <login-module code="RealmUsersRoles" flag="required">
                    <module-option name="usersProperties" value="${jboss.domain.config.dir}/application-users.properties"/>
                    <module-option name="rolesProperties" value="${jboss.domain.config.dir}/application-roles.properties"/>
                    <module-option name="realm" value="ApplicationRealm"/>
                    <module-option name="password-stacking" value="useFirstPass"/>
                </login-module>
            </authentication>
        </security-domain>
        <security-domain name="jboss-web-policy" cache-type="default">
            <authorization>
                <policy-module code="Delegating" flag="required"/>
            </authorization>
        </security-domain>
        <security-domain name="jboss-ejb-policy" cache-type="default">
            <authorization>
                <policy-module code="Delegating" flag="required"/>
            </authorization>
        </security-domain>
    </security-domains>
    <vault>
    	...
    </vault>
</subsystem>
<security-management><subject-factory>、および <security-properties> 要素はデフォルト設定では存在しません。<subject-factory> および <security-properties> 要素は JBoss EAP 6.1 およびそれ以降のバージョンで廃止になりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。