3.3. 管理コンソールと管理 CLI

JBoss EAP 6 では、すべてのサーバーインスタンスと設定が、XML ファイルの編集ではなく管理インターフェースによって管理されます。設定 XML ファイルは引き続き編集できますが、管理インターフェースによる管理は、サーバーインスタンスの永続的な管理に対して追加の検証機能および高度な機能を提供します。サーバーインスタンスの実行中に XML 設定ファイルに加えられた変更はサーバーモデルによって上書きされ、追加された XML コメントもすべて削除されます。サーバーインスタンスの実行中は管理インターフェースのみを使用して設定ファイルを変更する必要があります。
Web ブラウザーでグラフィカルユーザーインターフェースを使用してサーバーを管理するには、管理コンソールを使用します。
コマンドラインインターフェースを使用してサーバーを管理するには、管理 CLI を使用します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。