1.5. 管理対象ドメイン

管理対象ドメイン操作モードでは、単一の制御点から複数の JBoss EAP 6 インスタンスを管理できます。
一元管理された複数の JBoss EAP 6 サーバーは、ドメインのメンバーと呼ばれます。ドメインの JBoss EAP 6 インスタンスは共通の管理ポリシーを共有します。
各ドメインは 1 つのドメインコントローラー、1 つ以上のホストコントローラー、およびホスト毎に 0 個以上のサーバーグループによって構成されます。
ドメインコントローラーは、ドメインが制御される中心点であり、各サーバーはドメインの管理ポリシーに従って設定されます。ドメインコントローラーはホストコントローラーとしても機能します。
ホストコントローラーは、domain.sh または domain.bat スクリプトが実行される物理または仮想ホストです。ホストコントローラーは、ドメイン管理タスクをドメインコントローラーへ委譲するために設定されます。
各ホスト上のホストコントローラーはドメインコントローラーと対話して、ホスト上で実行されているアプリケーションサーバーインスタンスのライフサイクルを制御し、ドメインコントローラーがこれらのインスタンスを管理できるようにします。各ホストに複数のサーバーグループが含まれるようにすることが可能です。
サーバーグループは、JBoss EAP がインストールされているサーバーインスタンスのセットで、すべてが 1 つとして管理および設定されます。ドメインコントローラーはサーバーグループにデプロイされたアプリケーションの設定を管理します。そのため、サーバーグループの各サーバーは同じ設定とデプロイメントを共有します。
同じ物理システム上の同じ JBoss EAP 6 インスタンス内で、単一のドメインコントローラー、単一のホストコントローラー、および複数のサーバーを実行できます。
ホストコントローラーは特定の物理 (または仮想) ホストに割り当てられます。異なる設定を使用する場合は、同じハードウェア上で複数のホストコントローラーを実行でき、ポートとその他のリソースが競合しないようにします。
A managed domain with one domain controller, three host controllers, and three server groups. Servers are members of server groups, and may be located on any of the host controllers in the domain.

図1.1 管理対象ドメインを表す図


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。