11.9.7. JMX およびロールベースアクセス制御

ロールベースのアクセス制御は、3 つの方法で JMX に適用されます。
  1. JBoss EAP 6 の管理 API は JXM 管理 Bean として公開されます。これらの管理 Bean は「コア MBean」と呼ばれ、コア MBean へのアクセスは基盤の管理 API と全く同じように制御およびフィルターされます。
  2. JMX サブシステムは、書き込みパーミッションが「機密」で設定されます。そのため、Administrator および SuperUser ロールのユーザーのみがそのサブシステムに変更を追加できます。Auditor ロールのユーザーはこのサブシステムの設定を読み取りできます。
  3. デフォルトでは、デプロイされたアプリケーションおよびサービスによって登録された管理 Bean (コアでない MBean) へすべての管理ユーザーがアクセスできますが、Maintainer、Operator、Administrator、および SuperUser ロールのユーザーのみが書き込み可能です。