11.11.3. Java Security Manager のポリシー

Security Policy
コードの異なるクラスに対する定義済みのパーミッション。Java Security Manager はアプリケーションがリクエストしたアクションとセキュリティポリシーを比較します。ポリシーによってアクションが許可される場合、Java Security Manager はアクションの実行を許可します。ポリシーによってアクションが許可されない場合は、Java Security Manager はこのアクションを拒否します。セキュリティポリシーは、コードの場所、コードの署名、またはサブジェクトのプリンシパルを基にパーミッションを定義できます。
使用する Java Security Manager やセキュリティーポリシーは、Java 仮想マシンのオプション java.security.managerjava.security.policy を使用して設定されます。
基本情報

セキュリティーポリシーのエントリーは、policytool に関係のある以下の設定要素から構成されます。

CodeBase
コードの元の URL の場所 (ホストとドメインの情報以外)。オプションのパラメーターです。
SignedBy
コードを署名するためにプライベートキーが使用された署名者を参照するキーストアで使用されたエイリアス。これは、単一値またはカンマ区切りの値リストになります。オプションのパラメーターです。省略された場合は、署名の有無に関わらず Java Security Manager に影響はありません。
Principal
principal_typeprincipal_name のペアのリスト。これは、実行スレッドのプリンシパルセット内に存在する必要があります。Principals エントリーは任意です。このエントリーを省略すると、実行スレッドのプリンシパルによる Java Security Manager への影響はありません。
Permissions
permission は、コードに与えられるアクセス権です。多くのパーミッションは、Java Enterprise Edition 6 (Java EE 6) 仕様の一部として提供されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。