20.14.3. HornetQ ストレージの設定

HornetQ は、共有ストアに対する 2 つの設定をサポートします。
  • SAN 上の GFS2、ASYNCIO ジャーナルタイプを使用。
  • NFSv4、ASYNCIO または NIO ジャーナルタイプを使用。

重要

NFS は以下の厳格な設定ガイドラインに従ってサポートされます。
Red Hat Enterprise Linux の NFS 実装は、ダイレクト I/O (O_DIRECT フラグセットでファイルを開く) およびカーネルベースの非同期 I/O の両方をサポートします。これらの機能が両方あるため、厳格な設定ルール下で NFS を共有ストレージオプションとして使用可能です。
  • Red Hat Enterprise Linux NFS クライアントのキャッシュは無効にする必要があります。

注記

上記の規定下で NFS を使用する場合、高可用性の NFS 設定を使用することが推奨されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。