1.7. ドメインコントローラーの検索およびフェールオーバー

管理対象ドメインを設定するとき、ドメインコントローラーのコンタクトに必要な情報を使用して各ホストコントローラーを設定する必要があります。JBoss EAP 6.3 では、ドメインコントローラーを検索する複数のオプションを使用して各ホストコントローラーを設定できるようになりました。ホストコントローラーは、適切なオプションが見つかるまでオプションのリストを繰り返し処理します。
これにより、バックアップドメインコントローラーのコンタクト情報を用いてホストコントローラーを事前設定できます。プライマリードメインコントローラーに問題がある場合は、バックアップホストコントローラーをマスターに昇格でき、昇格後にホストコントローラーを新しいマスターへ自動的にフェールオーバーできます。
以下は、ドメインコントローラー検索の複数のオプションを持つホストコントローラーを設定する方法の例になります。
<domain-controller>  
    <remote security-realm="ManagementRealm">  
          <discovery-options>  
              <static-discovery name="primary" host="172.16.81.100" port="9999"/>  
              <static-discovery name="backup" host="172.16.81.101" port="9999"/>  
          </discovery-options>  
    </remote>  
</domain-controller>
静的検出オプションには、以下の必須属性が含まれます。

name
このドメインコントローラー検索オプションの名前。
host
リモートドメインコントローラーのホスト名。
port
リモートドメインコントローラーのポート。
上記の例では、最初の検出オプションが指定されることが予想されます。2 つ目のオプションはフェイルオーバーの状況で使用される可能性があります。
プライマリードメインコントローラーで問題が発生した場合、--backup オプションで開始されたホストコントローラーをドメインコントローラーとして動作するよう昇格できます。

注記

--backup オプションでホストコントローラーを開始すると、コントローラーによってドメイン設定のローカルコピーが維持されます。この設定は、ホストコントローラーがドメインコントローラーとして動作するよう再設定された場合に使用されます。

手順1.1 ホストコントローラーを昇格してドメインコントローラーにする

  1. 元のドメインコントローラーが停止した状態であることを確認します。
  2. 管理 CLI を使用して、新しいドメインコントローラーとなるホストコントローラーへ接続します。
  3. 以下のコマンドを実行してホストコントローラーを設定し、新しいドメインコントローラーとして動作するようにします。
    /host=HOST_NAME:write-local-domain-controller
  4. 以下のコマンドを実行し、ホストコントローラーをリロードします。
    reload --host=HOST_NAME
2. で選択したホストコントローラーがドメインコントローラーとして動作するようになります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。