11.4. ディープコピーサブジェクトモード

ディープコピーサブジェクトモード が無効であるときに (デフォルト)、セキュリティーデータ構造をコピーすると、データ構造全体がコピーされずに元のデータ構造への参照が作成されます。この挙動は効率的ですが、同一 ID の複数のスレッドによってフラッシュまたはログアウトの操作が行われ、サブジェクトが消去されると、データが破損しやすくなります。
ディープコピーサブジェクトモードでは、クローン可能と指定されていると、データ構造およびデータ構造に関連するデータの完全コピーが作成されます。このモードはよりスレッドセーフですが、効率は悪くなります。
ディープコピーサブジェクトモードは、セキュリティーサブシステムの一部として設定されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。