3.8.3. 管理インターフェースの監査ロギングフォーマッター

フォーマッターはログエントリーの形式を指定します。ログエントリーを JSON 形式で出力する 1 つのフォーマッターのみを利用できます。各ログエントリーは任意のタイムスタンプで始まり、「JSON フォーマッターフィールド」の表に記載されているフィールドが続きます。
「JSON フォーマッター属性」の表には、ログエントリーの形式変更に使用できるすべての属性が記載されています。

表3.5 JSON フォーマッター属性

属性説明
include-dateフォーマットされたログレコードにタイムスタンプが含まれるかどうかを定義するブール値。
date-separator日付と日付以外のフォーマットされたログメッセージを区別する文字が含まれる文字列。include-date=false の場合は無視されます。
date-formatjava.text.SimpleDateFormat が理解するように、タイムスタンプに使用するデータ形式。include-date=false の場合は無視されます。
compacttrue の場合、JSON を 1 行でフォーマットします。新しい行が含まれる値が存在する可能性があるため、レコード全体を 1 行にするのが重要な場合は、escape-new-line または escape-control-characterstrue に設定します。
escape-control-characterstrue の場合、すべての制御文字 (10 進値が 32 未満の ASCII エントリー) を 8 進の ASCII コードでエスケープします。たとえば、新しい行は「#012」になります。true の場合、escape-new-line=false を上書きします。
escape-new-linetrue の場合、新しい行を 8 進の ASCII コードでエスケープします (例: #012)。

表3.6 JSON フォーマッターフィールド

フィールド名説明
type管理操作であることを示す core、または JMX サブシステムからであることを示す jmx を値として指定できます (JMX サブシステムの監査ロギングの設定については JMX サブシステムを参照してください)。
r/o操作によって管理モデルが変更されない場合は、値が true になります。変更される場合は false になります。
booting起動プロセス中に操作が実行された場合は、値が true になります。サーバーの起動後に操作が実行された場合は false になります。
versionJBoss EAP インスタンスのバージョン番号。
user認証されたユーザーのユーザー名。稼働しているサーバーと同じマシンの管理 CLI から操作が実行された場合は、特別な $local ユーザーが使用されます。
domainUUIDドメインコントローラーからサーバー、スレーブホストコントローラー、およびスレーブホストコントローラーサーバーへ伝播されるすべての操作をリンクする ID。
access以下のいずれかの値を使用できます。
  • NATIVE - 操作が管理 CLI などのネイティブ管理インターフェースから実行されます。
  • HTTP - 操作が管理コンソールなどのドメイン HTTP インターフェースから実行されます。
  • JMX - 操作が JMX サブシステムから実行されます。JMX 向けの監査ロギングの設定方法については、JMX を参照してください。
remote-addressこの操作を実行するクライアントのアドレス。
success操作に成功した場合の値は true になります。ロールバックされた場合は false になります。
ops実行される操作。JSON へシリアライズ化された操作のリストになります。起動時は、XML の解析で生じたすべての操作がリストされます。起動後は、通常 1 つのエントリーがリストされます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。