10.5.6. デプロイメントスキャナー属性のリファレンス

デプロイメントスキャナーには、管理 CLI に公開された以下の属性が含まれ、これらの属性は write-attribute 操作を使用して設定できます。設定オプションの詳細については、「管理 CLI でのデプロイメントスキャナーの設定」 を参照してください。

表10.2 デプロイメントスキャナーの属性

名前説明タイプデフォルト値
auto-deploy-exploded.dodeploy マーカーファイルなしで、展開形式のコンテンツの自動デプロイメントを許可します。基本的な開発シナリオに対してのみ推奨され、開発者またはオペレーティングシステムによる変更中に、展開形式のアプリケーションデプロイメントが行われないようにします。ブール値False
auto-deploy-xml.dodeploy マーカーファイルなしでの XML コンテンツの自動デプロイメントを許可します。ブール値True
auto-deploy-zipped.dodeploy マーカーファイルなしでの zip 形式のコンテンツの自動デプロイメントを許可します。ブール値True
deployment-timeoutデプロイメントスキャナーでデプロイメントをキャンセルするまでのデプロイメント試行許可時間 (秒単位)。Long600
pathスキャンする実際のファイルシステムパスを定義します。relative-to 属性が指定された場合は、path 値が、そのディレクトリーまたはパスに対する相対追加分として機能します。文字列deployments
relative-toサーバー設定 XML ファイルの paths セクションで定義されたファイルシステムパスの参照。文字列jboss.server.base.dir
scan-enabledscan-interval により起動時にアプリケーションの自動スキャンを許可します。ブール値True
scan-intervalリポジトリーのスキャン間の時間 (ミリ秒単位)。値が 1 未満の場合は、スキャナーが起動時にのみ動作します。Int5000

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。