10.2.2. 管理コンソールを使用してデプロイされたアプリケーションを有効化

手順10.1 管理コンソールを使用してデプロイされたアプリケーションを有効化

  1. コンソールの上部より Runtime タブを選択します。
    • 管理対象ドメインの場合は、Domain メニューを展開します。
    • スタンドアロンサーバーの場合は、Server メニューを展開します。
  2. Manage Deployments を選択します。
  3. アプリケーションのデプロイメントの方法は、スタンドアロンサーバーインスタンスと管理対象ドメインのどちらにデプロイするかによって異なります。
    • スタンドアロンサーバーインスタンスでのアプリケーションの有効化

      Available Deployments の表には、利用可能なすべてのアプリケーションデプロイメントとそれらの状態が表示されます。
      1. スタンドアロンサーバーインスタンスでアプリケーションを有効にするには、アプリケーションを選択した後に En/Disable をクリックします。
      2. confirm をクリックし、サーバーインスタンスでアプリケーションを有効にすることを確定します。
    • 管理対象ドメインでのアプリケーションの有効化

      Content Repository タブには、利用可能なすべてのアプリケーションデプロイメントと、それらの状態を表す Available Deployment Content の表が含まれます。
      1. 管理対象ドメインでアプリケーションを有効にするには、デプロイするアプリケーションを選択します。Available Deployment Content の表の上にある Assign をクリックします。
      2. アプリケーションを追加したい各サーバーグループのボックスにチェックマークを付け、Save をクリックして終了します。
      3. Server Groups タブをクリックし Server Groups の表を表示します。アプリケーションが選択したサーバーグループにデプロイされます。
結果

該当のサーバーあるいはサーバーグループにアプリケーションがデプロイされます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。