2. よくある質問

問: 本リリースでは何が変更になりましたか。
問: 他のドキュメントはどこにありますか。
問: アップグレードの手順はどこにありますか。
問: 本製品がサポートされるオペレーティングシステム、Java 仮想マシン、およびデータベースサーバーはどれですか。
問: 本製品に含まれる H2 データベースは本番環境でサポートされますか。
問: JBoss EAP 6.2.0 はどの業界標準をサポートしますか。
問: 本リリースへ移行する時にどのような問題が発生する可能性がありますか。
問: 本リリースに含まれているコンポーネントとそのバージョンを教えてください。
問: 本リリースに含まれる技術プレビューはどれですか。
問: サポート連絡先の詳細はどこにありますか。
問: ドキュメントに誤りがあった場合、どのように報告したらいいですか。
問:
本リリースでは何が変更になりましたか。
答:
JBoss EAP 6.2.0 には多くの改善と修正が含まれています。詳細は 「本リリースの変更内容」 を参照してください。
問:
他のドキュメントはどこにありますか。
答:
完全な JBoss EAP 6.2.0 ドキュメントスイートは https://access.redhat.com/site/documentation/JBoss_Enterprise_Application_Platform/ にあります。
問:
アップグレードの手順はどこにありますか。
答:
アップグレードの手順はインストールガイドに記載されています。https://access.redhat.com/site/documentation/JBoss_Enterprise_Application_Platform/ にあるドキュメントスイートを参照してください。
問:
本製品がサポートされるオペレーティングシステム、Java 仮想マシン、およびデータベースサーバーはどれですか。
答:
JBoss EAP 6.2.0 でテストおよび検証されたオペレーティングシステム、Java 仮想マシン、データベースサーバー、および JDBC ドライバーの組み合わせは https://access.redhat.com/site/articles/111663 の完全リストを参照してください。
問:
本製品に含まれる H2 データベースは本番環境でサポートされますか。
答:
サポートされません。H2 データベースは、評価、テスト、および実証のみの目的で同梱されています。本番環境でサポートされる設定ではありません。詳細は https://access.redhat.com/site/solutions/148633 を参照してください。
問:
JBoss EAP 6.2.0 はどの業界標準をサポートしますか。
答:
サポート対象の仕様および標準は https://access.redhat.com/site/articles/113373 の完全リストを参照してください。
問:
本リリースへ移行する時にどのような問題が発生する可能性がありますか。
答:
アプリケーションを本バージョンに移行する時に問題になる可能性がある、本リリースと以前のリリースの相違点は、「本リリースの変更内容」 を参照してください。
問:
本リリースに含まれているコンポーネントとそのバージョンを教えてください。
答:
含まれているコンポーネントの完全リストは https://access.redhat.com/site/articles/112673 を参照してください。
問:
本リリースに含まれる技術プレビューはどれですか。
答:
JBoss EAP 6.2.0 には多くの技術プレビューの機能が含まれています。技術プレビューの機能はサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、本番環境での使用は想定していません。技術プレビューは、最新の技術をいち早く提供することで、開発中に機能のテストやフィードバックの収集を実現する目的で同梱されます。
本リリースの技術プレビュー機能の完全リストは 「技術プレビューとして提供される機能」 を参照してください。
問:
サポート連絡先の詳細はどこにありますか。
答:
サポート方針の詳細は次の URL にあります。
サポートプロセス
プロダクション (実稼働) サポートの対象範囲
プロダクション (実稼働) サポートのサービスレベル合意書
開発者サポートの対象範囲
開発者サポートのサービスレベル合意書
製品の更新およびサポートポリシー (製品別)
JBoss エンドユーザー使用許諾契約書
問:
ドキュメントに誤りがあった場合、どのように報告したらいいですか。
答:
本書に対するフィードバックを提出するには、https://bugzilla.redhat.com にてバグを登録し、製品名 JBoss Enterprise Application Platform、バージョン 6.2.0、およびコンポーネント documentation-6.2.0_Release_Notes を指定します。
次の URL からアクセスすると、製品名、バージョン、およびコンポーネントのフィールドが自動的に入力されます: https://bugzilla.redhat.com/enter_bug.cgi?component=doc-Release_Notes&product=JBoss%20Enterprise%20Application%20Platform%206&version=6.2.0