9.2.7.4. 代替で挿入をオーバーライド

概要

代替の Bean を使用すると、既存の Bean をオーバーライドできます。これらは、同じ役割を満たすクラスをプラグインする方法として考えることができますが、動作が異なります。これらはデフォルトで無効になります。このタスクは、代替を指定し、有効にする方法を示しています。

手順9.5 挿入をオーバーライドする

このタスクでは、プロジェクトに TranslatingWelcome クラスがすでにあることを前提としています。ただし、これを "mock" TranslatingWelcome クラスでオーバーライドするとします。これは、実際の Translator Bean を使用できないテストデプロイメントのケースに該当します。
  1. 代替を定義します。

    @Alternative
    @Translating 
    public class MockTranslatingWelcome extends Welcome {
      public String buildPhrase(string city) {
        return "Bienvenue à " + city + "!");
      }
    }
    
  2. 代替を置換します。

    置換実装をアクティベートするために、完全修飾クラス名を META-INF/beans.xml または WEB-INF/beans.xmlファイルに追加します。
    <beans>
      <alternatives>
        <class>com.acme.MockTranslatingWelcome</class>
      </alternatives>
    </beans>
    
結果

元の実装の代わりに代替実装が使用されます。