10.2.9. 2 相コミットプロトコルについて

2 相コミット (2PC) とはデータベーストランザクションでの通常のパターンのことです。
フェーズ 1

最初のフェーズでは、トランザクションをコミットできるか、あるいはロールバックする必要があるかをトランザクションの参加者がトランザクションコーディネーターに通知します。

フェーズ 2

2 番目のフェーズでは、トランザクションコーディネーターが全体のトランザクションをコミットするか、ロールバックするか決定します。参加者が 1 つでもコミットできない場合、トランザクションはロールバックしなければなりません。参加者がすべてコミットできる場合はトランザクションはコミットすることができます。コーディネーターは何を行うかをトランザクションに指示し、トランザクションは何を行ったかコーディネーターに通知します。この時点で、トランザクションが完了します。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。