9.4.3. デプロイメントスキャナーを使用したスタンドアロンサーバーインスタンスのアプリケーションのアンデプロイ

概要

このタスクでは、デプロイメントスキャナーを使用してデプロイされたスタンドアロンサーバーインスタンスからアプリケーションをアンデプロイする方法を説明します。「アプリケーションデプロイメントについて」 で説明があるとおり、この方法は開発者の利便性のために保持され、本番稼働環境でのアプリケーション管理には管理コンソールと管理 CLI の方法が推奨されます。

注記

デプロイメントスキャナーは、アプリケーション管理の他のデプロイメント方法とともに使用しないでください。管理コンソールによってアプリケーションサーバーから削除されたアプリケーションは、デプロイメントディレクトリに含まれるマーカーファイルまたはアプリケーションに影響を与えずにランタイムから削除されます。意図しない再デプロイメントや、他のエラーの可能性を最低限にするには、本番稼働環境での管理に管理 CLI および管理コンソールを使用します。

手順9.8 1 つの方法を用いてアプリケーションをアンデプロイ

  • アプリケーションのアンデプロイ

    アプリケーションをデプロイする方法は 2 つありますが、アプリケーションをデプロイメントフォルダーから削除する場合と、デプロイメントの状態のみを変更する場合によって、使用する方法が異なります。
    • マーカーファイルの削除によるアンデプロイ

      デプロイされたアプリケーションの example.war.deployed マーカーファイルを削除して、ランタイムからアプリケーションのアンデプロイを開始するためにデプロイメントスキャナーをトリガーします。
      結果
      デプロイメントスキャナーは、アプリケーションをアンデプロイし、example.war.undeployed マーカーファイルを作成します。アプリケーションは、デプロイメントフォルダーに維持されます。
    • アプリケーションの削除によるアンデプロイ

      デプロイメントディレクトリからアプリケーションを削除して、ランタイムからアプリケーションのアンデプロイを開始するためにデプロイメントスキャナーをトリガーします。
      結果
      デプロイメントスキャナーは、アプリケーションをアンデプロイし、filename.filetype.undeployed マーカーファイルを作成します。アプリケーションはデプロイメントフォルダーに存在しません。
結果

アプリケーションファイルは、アプリケーションサーバーからアンデプロイされ、管理コンソールの Deployments 画面に表示されません。